スイスの主将ジャカ、W杯での“人権活動”に「やる必要ない」

スイスの主将ジャカ、W杯での“人権活動”に「やる必要ない」

  • Qoly
  • 更新日:2022/11/25
No image

23日に行われたワールドカップ2022のグループステージ第1節でドイツ代表チームが見せた行動が話題になった。

ドイツはイングランド、ウェールズらとともに「OneLove」キャンペーンの一環として虹色のアームバンドを着用する予定だったが、FIFAにそれが許可されなかった。

性的マイノリティーへの差別に抗議する運動が認められなかったことから、ドイツ代表の選手たちは試合前に手で口をふさぐパフォーマンスを行い、言論の自由を訴えた。

【動画】ドイツ代表が行った抗議活動

『Metro』によれば、それについて質問を受けたスイス代表MFグラニト・ジャカは以下のように話し、自分たちはそれをやるつもりはないと宣言したそうだ。

グラニト・ジャカ「選手はルールを尊重する必要がある。スイスのチームとしても、何もする必要はないと思うよ。我々は規則を尊重する。そしてサッカーに集中する必要がある。それが、僕がやろうとしていることの全てである。サッカーをするためにここにいるのであって、誰かに教訓を与えるようなつもりはないんだ」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加