日本初公開の作品も展示される「MINIATURE LIFE展2 田中達也 見立ての世界」

日本初公開の作品も展示される「MINIATURE LIFE展2 田中達也 見立ての世界」

  • MdN
  • 更新日:2020/09/16
No image

「お菓子な虹」2019年
©Tatsuya Tanaka

2020年9月16日(水)から10月5日(月)まで、大丸梅田店 15Fの大丸ミュージアム<梅田>にて、「MINIATURE LIFE展2 田中達也 見立ての世界」が開催される。国内外で大きな反響を呼び、大丸梅田店では2017年に開催された「MINIATURE LIFE展」が、さらにパワーアップした第2弾。ミニチュア写真家・見立て作家の田中達也氏による魅力的なミニチュアの世界を楽しめる。開場時間は10:00〜20:00(最終日は18:00閉場/入場は閉場30分前まで)で、入場料は一般800円/中学・高校生600円/小学生400円/未就学児無料。

1981年熊本県生まれの田中達也氏は、2011年から日常にある物を別の物に見立てたアート「MINIATURE CALENDAR」をインターネット上で発表している。その日用品とジオラマ用人形をモチーフとしたミニチュア世界は、海外を含めて人気となり、雑誌やTVなどのメディアでも広く話題となった。ご飯が大空に浮かぶ雲になったり、化粧品が摩天楼になったり、クリップが待合室の椅子になったりと、独特のアイデアに加えて完成度の高さや作品に含まれるユーモアでも、多くの人々を魅了している。

本展では、選りすぐりの約120点の写真作品のほか、約50点の実物のミニチュア作品も展示。日本初公開となる作品も含まれている。

■期間:
2020年9月16日(水)~10月5日(月)

■開催場所:
大丸ミュージアム<梅田>
大阪府大阪市北区梅田3-1-1 大丸梅田店 15F

■問い合わせ先:
大丸梅田店
url. https://www.daimaru.co.jp/umedamise/

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加