一生で一回はやってみたい!【憧れのY字バランス】完全習得マニュアル

一生で一回はやってみたい!【憧れのY字バランス】完全習得マニュアル

  • ヨガジャーナルオンライン
  • 更新日:2022/08/05
No image

AdobeStock

「一度はやってみたい」という人も多いY字バランス。「どうすればできるようになるの?」「足が全然上がらない」という人にぜひ試してほしいメソッドを伝授します!

Y字バランスを会得するために重要なこと

Y字バランスをマスターしたいと思った時、まずは知っておいてほしい3つのポイントがこちら。どれかが欠けても、きれいなY字バランスには完成しません。まずは、自分の苦手なところを知るところから始めましょう。

内腿の柔軟性

内腿の柔軟性がないと、足は上がりません。内腿を柔らかくするところから始めましょう。

股関節周りの筋肉の柔軟性

股関節の動きが悪いと、足を身体のほうに引き寄せられず、きれいなY字に仕上がりません。股関節周りの筋肉やお尻の筋肉が硬い人は、少しずつほぐすことで美しいY字へと近づけます。

骨盤の傾き

Y字バランスをする際、骨盤を傾ける必要があります。上げた足の方の骨盤が高くなり、軸足側の骨盤が下がっている状態です。この骨盤を傾ける動きが苦手なため、Y字バランスで足が上がらない、という人も多いです。

Y字バランスをマスターするためのストレッチ3選!

憧れのY字バランスをマスターするためには、立位からではなく、まずは他のアプローチで体を鍛えていきましょう。ストレッチの際は深呼吸しながら行うと、より効率良く身体が変わっていきます。3つのストレッチを紹介しますが、自分の苦手なところは特に重点的に行いましょう。

内腿ストレッチ

①    片足を伸ばし、屈伸のような姿勢になります。

②    伸ばした足のそばに両手を置きます。

No image

photo by Mizuki Nagasawa

③    姿勢をキープしたまま3〜5回呼吸。反対側も同様に行いましょう。

座ったままY字バランス

①    開脚をして体を横に倒します。

No image

photo by Mizuki Nagasawa

②    つま先を掴める人は掴んでみましょう。

No image

photo by Mizuki Nagasawa

③    反対も同様に行いましょう。

股関節周りのストレッチ

①    四つ這いから片足を前に出し、手と手の間に置きます。

No image

photo by Mizuki Nagasawa

②    足を手の外側にスライド。両ひじをマットにつきます。ひじがつかない人は、できるところまででOKです。

No image

photo by Mizuki Nagasawa

③    余裕がある場合は後ろ足のつま先を立てて、膝を持ち上げます。その際頭が下に落ちないように注意。背骨の延長線上に頭がくる位置をキープしましょう。

④    後ろの脚を床につき、前脚もゆっくり伸ばしていきます。前の脚をなるべく身体に近づけるときれいなIラインに近づきます。

No image

⑤    反対も同様に行いましょう。

長沢美月

モデル&ヨガインストラクター。モデルとして雑誌やショー等で活動後、現在日本テレビ『ズームイン!!サタデー』のキャスターとして活動中。もともと身体について興味があり、より健康になるお手伝いをしたいと思い、ヨガ(RYT200)やピラティス、整体、小顔デザイン、マクロビスイーツなど、資格多数保有。Instagram @_mizuki_0212、@mizuki_yoga_★現在恵比寿にあるアリュールヨガにて、毎週木曜13:30〜リラックスヨガを担当。オンラインレッスンも受付中!https://lit.link/mizukinagasawa

長沢美月

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加