【こども未来プロジェクト】バレエでイギリスの名門校留学へ・小諸市の女子中学生 長野

【こども未来プロジェクト】バレエでイギリスの名門校留学へ・小諸市の女子中学生 長野

  • SBC NEWS
  • 更新日:2022/05/14

夢に向かってがんばる子どもたちを応援する、SBCこども未来プロジェクト。

きょうはバレエの全国大会で1位となり、9月にイギリスの名門学校に留学する小諸市の女子中学生です。

しなやかに、華麗に踊るのは、小諸東中学校2年生の篠原侑珠(しのはら・ゆず)さん。

去年10月、兵庫県で開かれたクラシックバレエの全国大会に出場。

将来性などが評価され、出場した333人の中で1位になり、海外に留学する権利を得ました。

(篠原さん)「不安もいっぱいありましたが、レベルの高い学校で学べるのはうれしい」「踊っていて楽しいのはもちろんなんですけどそこに自分なりの工夫とか入れてみると特におもしろくなる」

バレエを始めたのは、3歳の時。

地元のバレエスタジオで、週5日、1日1時間半から3時間の練習を積み、実力をつけてきました。

篠原さんの強みのひとつが、162センチの長身と、長い手足。

まさにバレエ向けの体形で、将来性はバツグンです。

9月に世界のトップレベルが集う、イギリスのロイヤルバレエスクールに入学する予定の篠原さん。

留学に向けて筋力と表現力に磨きをかけて、世界の舞台に羽ばたきます。

(篠原さん)「お客さんたちを魅了できるバレリーナになりたいです」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加