藤浪晋太郎、驚きの“メジャーで年俸5億円” 専門家は「来年さらに上がるチャンス」と指摘

藤浪晋太郎、驚きの“メジャーで年俸5億円” 専門家は「来年さらに上がるチャンス」と指摘

  • NEWSポストセブン
  • 更新日:2023/01/25
No image

アスレチックスへの移籍が決まった藤浪晋太郎(時事通信フォト)

ポスティングシステムを利用してアスレチックスへの移籍が決まった藤浪晋太郎(28)。阪神では年俸4900万円(推定、以下同)だったのに対し、移籍後は年俸325万ドル(約4億2000万円)と約10倍になったから驚きだ。

阪神の日本人最高年俸は、昨年13勝4敗で2年連続最多勝、投手3冠に輝いた青柳晃洋だが、それでも2億4000万円での契約更改だった。その青柳をはるかに上回る年俸を藤浪が受け取ることになったのである。スポーツ紙デスクが説明する。

「インセンティブの内容も明らかになり、先発登板回数を5試合、8試合、10試合とクリアするたびに10万ドル(約1280万円)上積みされ、13試合、18試合のクリアで各15万ドル(約1920万円)、さらに22試合、25試合では各20万ドル(約2560万円)が支払われるそうです。個人賞(MVPなど)は5万~10万ドルのボーナスとなるというから、活躍すればさらに億単位の上積みになる年俸5億円級の契約というわけです」

昨年の阪神での成績は16試合に登板して3勝5敗、防御率3.38。この成績でなぜ、これほどの高額契約になるのか。メジャーリーグ研究家の福島良一氏はこう言う。

「まずはメジャー全体の平均年俸が高いということが大きい。むしろアスレチックスは財政難で、メジャーリーグ30球団のなかで年俸が最も安い貧乏球団として知られており、藤浪の年俸はメジャーの水準から考えると安いほうです。もちろん、アスレチックスとしては先発ピッチャーのひとりとして期待している。単純に昨年の成績だけではなく、先発投手としての潜在能力を買っていると思われます。近年、結果は出ていないが、速球投手としてメジャーで効果的なスプリットを武器にすることを評価した結果でしょうね」

ただ、他のポスティングを利用した他の選手では複数年契約が珍しくないのに対し、藤浪は1年契約となった。

「この点は藤浪の能力を疑っているというより、アスレチックスのチーム事情でしょうね。他球団なら複数年契約をするでしょうが、緊縮財政で年俸総額を抑えているため長期契約はしない方針。藤浪にとっては1年でクビということもあるが、活躍すれば大幅にアップする可能性があるとも受け取れる。辣腕代理人のスコット・ボラスとしては1年契約の方がいいと判断したと思われます」(福島氏)

制球難でも大丈夫?

長く制球難に苦しみ、右打者に対して死球を連発する印象もあるが、そのあたりの不安はないのだろうか。

「制球力ですか? 近年、メジャーは球が速いピッチャーが多くなり、制球力に欠ける藤浪タイプのピッチャーが多いですよ。また、藤浪のコントロールは昨年の後半には改善されていたという判断のようですね。メジャーでは、ぶつけた際に乱闘になることは多い。ただ、故意にぶつけない限りはクビにはならないでしょう。年俸がどんどん上がっていく可能性があるので、やはりメジャーは夢のある世界だと思いますね」(福島氏)

藤浪がポスティングを利用してアスレチックスに移籍したことで、阪神には譲渡金が支払われる。年俸の20%(65万ドル=約8320万円)にあたる額となるので、阪神としては藤浪の年俸を支払わなくていいうえに、藤浪の年俸を上回る譲渡金も入るわけだ。驚きの多い移籍劇となったが、阪神にもアスレチックスにも藤浪にとっても喜ばしい結果となるのだろうか。

※週刊ポスト2023年2月3日号

NEWSポストセブン

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加