今年も4機種が揃ったiPhone 13シリーズ 「買い」の1台を吟味する

今年も4機種が揃ったiPhone 13シリーズ 「買い」の1台を吟味する

  • Forbes JAPAN
  • 更新日:2021/09/16
No image

アップルが毎秋好例の新製品発表会をオンラインで開催、新しいiPhoneにiPad、Apple Watchを発表した。特に4つのラインナップを展開する「iPhone 13」シリーズについて製品が進化したポイントを振り返りつつ、今回はどのモデルが”買い”なのか考察してみたい。

カメラが進化。ルックスも華やかになったiPhone 13/13 mini

2021年のiPhoneはハイエンドモデルのiPhone 13/13 miniと、フラグシップモデルのiPhone 13 Pro/13 Pro Maxの4機種が揃った。9月24日に発売を迎える。

全機種が5G対応で最新の高性能A15 Bionicチップを搭載した。ディスプレイは有機EL。本体のサイズはそれぞれiPhone 12シリーズから変更していない。

iPhone 13/13 miniはカラフルな全5色が揃う。ホワイト系はスターライト、ブラック系はミッドナイトに名前を変えて、パステル調のピンクが新たに加わった。実機がどんな色合いになるのか気になるところだ。

メインカメラは同じデュアルレンズ仕様だが、iPhone 13は広角・超広角レンズを斜め対角線上に並ぶよう配置した。ふたつのカメラが縦に並ぶiPhone 12と見分けるポイントにもなる。

No image

新色の「ピンク」や、ホワイトに代わるスターライト、ブラック系のミッドナイトなど5色が揃う

No image

メインカメラのデュアルレンズは斜めに配置している

新チップの高い機械学習性能を活かして、動画の撮影中に自動でアーティスティックな”ボケ味”が加えられる「シネマティックモード」がカメラの注目したい新機能。iPhone 13/13 miniはまったく同等のカメラ性能を備えている。

昨年デビューした5.4インチのiPhone 12 miniは発売後、しばらく経ってから販売不調が伝えられていたが、やはり日本をはじめとする「小型・高機能なスマホ」への期待が高い市場のニーズに後押しされて今年もラインナップに名を連ねた。

No image

バッテリー性能を強化したiPhone 13 mini。小型・高機能なiPhoneとして人気を巻き返せるか注目だ

アップルはiPhone 12 miniの弱点として指摘を受けていたバッテリーライフを新機種で改善。最大駆動時間を約1.5時間伸ばした。チップの高機能化、5G対応を実現しつつバッテリー持ちを伸ばしたことで、アップルは「小型で安価だが、機能も控えめ」な端末が数多く揃うAndroid陣営のスマホと差別化を図る考えだ。なおiPhone 13、13 Proシリーズもより長持ちするバッテリーとした。

「プロ志向」を突き進む13 Proシリーズ

型番にProが付く2機種はブルー系のラインナップを明るい新色の「シエラブルー」に置き換えたが、外観は12 Proシリーズからほぼ変えていない。一方で中身はカメラとディスプレイの性能がまた大きくプロフェッショナルの期待に応えるレベルアップを果たした。

No image

新色のシエラブルーを追加したフラグシップのiPhone 13 Proシリーズ

メインのトリプルレンズカメラは望遠カメラを光学3倍ズームに強化。今回から望遠カメラも、夜景や暗い場所が美しく撮れるナイトモードに対応した。超広角カメラではレンズ設計とソフトウェア連係をブラッシュアップして、iPhoneで初めて被写体に約2cmまで近づけるマクロ動画・写真撮影が可能になる。特別な設定や操作は不要。被写体にカメラを近づけると自動でマクロ側にピントを合わせる。”SNS映え”する花や料理の撮影にも使えそうだ。

業務用ビデオカメラは大きくて重く、交換レンズのような精密機器は繊細な扱いが求められる。対して耐久性能が高く、片手で持ちながらラフに扱えるiPhoneのカメラを撮影に活用するプロの映像クリエイターが増えているという。iPhone 13シリーズは本体をIP68相当の防水対応として、前面パネルにはダメージに強い強化素材であるセラミックシールドを搭載。Proシリーズはさらに本体側面の素材を医療グレードの摩耗や腐食に強いステンレススチールとした。

No image

動画にボケ味を加えて、前後の被写体へのフォーカスあわせを撮影中・撮影後に変更できる「シネマティックモード」をiPhone 13シリーズの全機種が搭載する

多くのストレージを必要とする大容量の4Kビデオが軽快に撮りためられるよう、ProシリーズにはiPhoneで初めて1TBの大容量ストレージをオプションとして設けた。もうひとつProシリーズだけの”iPhone初”は120Hz駆動のなめらかな動画表示に対応するディスプレイだ。ProシリーズのみGPUの描画性能をブーストしているので、グラフィックスに凝ったモバイルゲームもストレスなく表示できる。

No image

120Hz駆動に対応するディスプレイはWebサイトや電子書籍の文字を縦にスクロールした時に画面のチラつきが少なく感じられる

Proシリーズどうしでカメラやディスプレイの性能に違いはない。筆者は昨年、カメラ性能に秀でる6.7インチのiPhone 12 Pro Maxを選んだが、今年は片手でもハンドリングしやすい6.1インチのiPhone 13 Proを選ぶつもりだ。”プロなみ”のカメラやディスプレイの性能にこだわらなければ、外観もフレッシュになった高性能なiPhone 13/13 miniが”買い”だと思う。アップルストアから購入できるSIMフリー版は10万円を切るので値頃感も得られるだろう。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加