GIII覇者アドマイヤジャスタが競走馬登録を抹消 1億5120万円で取引された良血馬

GIII覇者アドマイヤジャスタが競走馬登録を抹消 1億5120万円で取引された良血馬

  • netkeiba.com
  • 更新日:2022/11/25
No image

現役時のアドマイヤジャスタ(c)netkeiba.com

2020年の函館記念(GIII)などを制したアドマイヤジャスタ(牡6、栗東・石坂公一厩舎)がJRAの競走馬登録を抹消された。今後は北海道勇払郡安平町のノーザンファームで乗馬となる予定。24日、JRAがホームページ上で発表した。

アドマイヤジャスタは父ジャスタウェイ、母アドマイヤテレサ、母の父エリシオ。半兄に2014年のコーフィールドC(豪G1)や2013年のダイヤモンドS(GIII)などを制したアドマイヤラクティがいる血統。

2018年6月に阪神競馬場で行われた2歳新馬戦でデビュー。後のラジオNIKKEI賞(GIII)覇者ブレイキングドーンから3馬身差の2着に好走した。続く7月の未勝利戦を勝ち上がると、10月の紫菊賞(500万下)で2連勝。同年12月のホープフルS(GI)ではサートゥルナーリアから1馬身半差の2着となった。

3歳シーズンには牡馬クラシック競走である皐月賞、日本ダービーにも出走した。古馬入り後、2020年の函館記念(GIII)では単勝15番人気の伏兵評価を覆して大外から差し切り重賞初制覇。同競走の2着馬は単勝13番人気のドゥオーモで、馬連は13万1670円、三連単は343万2870円の波乱決着となった。通算成績は24戦3勝。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加