甲子園大会のコロナガイドライン改定 集団感染でも試合できる可能性

甲子園大会のコロナガイドライン改定 集団感染でも試合できる可能性

  • 朝日新聞デジタル
  • 更新日:2022/08/06
No image

"高校球児たちがめざす阪神甲子園球場"

第104回全国高校野球選手権大会の大会本部は6日、新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインのうち、「代表校の大会参加可否の判断基準」を一部改定し、集団感染が起きたケースでも、試合が出来る可能性を残すため、新たな判断基準を追加したと発表した。

筑駒野球部がPDCA徹底したら 「俺の価値観」捨てた監督の手応え

この日午前、メールによる臨時の運営委員会を開いて決めた。

対象となるのは緊急対策本部が集団感染と判断したケースで、追加されたのは以下の2項目。

「試合前の72時間以内に、当該チームの登録選手ら全員の陰性が確認された場合、当該試合への出場を認める」

「緊急対策本部で当該チームの感染拡大に歯止めがかかり、かつ感染拡大防止措置が講じられていることを認められた場合、一部の登録選手らを入れ替えることができるものとする(入れ替えで登録される選手は試合前72時間以内に陰性の確認がとれていなければならない)」

大会本部は5日、複数の選手が体調不良となった県岐阜商について、新型コロナの集団感染が発生したと判断したことを明らかにしていた。

県岐阜商は大会第4日(予定では9日)の第4試合で社(やしろ)(兵庫)との1回戦が予定されている。

大会本部は改定発表後の会見で、県岐阜商との関連を聞かれ、「各地方大会を勝ち抜いた代表校に甲子園で試合をしていただきたいという気持ちは変わらない。どういった対応が適切なのか、大会本部としてしっかり議論した結果」などと説明した。

従来のガイドラインでは集団感染のケースでは、「試合日程の変更で対応できる場合は、当該試合の日程を変更することもある」としていた。(山口裕起)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加