宿主は恋する女子高生、体内細菌を擬人化した「はたらく細胞」スピンオフ新作

宿主は恋する女子高生、体内細菌を擬人化した「はたらく細胞」スピンオフ新作

  • コミックナタリー
  • 更新日:2021/02/22

清水茜監修による吉田はるゆき「はたらく細菌Neo」が、本日2月22日に発売された。

No image

「はたらく細菌Neo」

「はたらく細胞」のスピンオフ「はたらく細菌」の新作となる同作は、善玉菌や悪玉菌など細菌を擬人化したコメディ。恋に悩む女子高生・優希歩の体内で、宿主の美と健康を守るために奮闘する細菌たちの奮闘が描かれる。なお「はたらく細胞BLACK」8巻、「はたらく細胞BABY」3巻、「はたらく細胞LADY」2巻も同時発売された。

コミックナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加