NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ

岩渕が値千金弾! 日本女子最多5試合連続ゴール 決勝トーナメントに前進/サッカー女子

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/07/22

東京五輪・サッカー女子1次リーグE組 日本1―1カナダ(21日、札幌ドーム)2大会ぶり出場の日本は粘りを見せて引き分けた。0―1の後半39分、エースFW岩渕真奈(28)=アーセナル=が縦パスに抜け出し、右足で同点ゴールを決めた。日本は24日に札幌ドームで英国と第2戦を戦う。同組の英国はチリに2―0で快勝。G組で前回銀メダルのスウェーデンが国際連盟(FIFA)ランキング1位の米国を3―0で破った。

無観客の札幌ドームに試合開始のホイッスルが響いた。なでしこジャパンが復権への希望をもって臨んだカナダとの初戦。しかし、開始早々の失点で劣勢に追い込まれた。

「いろんなことを背負ってこの場に立っている。覚悟を持ってサッカーができたら」。栄光と悔しさを味わったFW岩渕は、決意を持って試合に入った。2011年W杯ドイツ大会で初の世界一に輝いたが、16年リオ五輪ではアジア予選で敗退し、本戦出場がかなわなかった。

しかし、先制はカナダだった。前半6分、右サイドのクロスからFWシンクレアに合わされた。一度は左ポストに当ててはね返ったシュートを左足で押し込まれ、国際Aマッチ世界最多記録を更新する187得点目を許した。

高倉監督はハーフタイムにFW田中を投入。攻撃的なカードを切って逆転を目指した。0―1の同9分には田中がPKを獲得。しかし、自ら蹴ったボールは相手GKにストップされ、同点のチャンスを逃した。カナダは先発に170センチを超える選手を5人そろえ、中央を徹底的にブロック。日本がサイドから1対1を仕掛けても、突破した場面は数えるほど。身体能力の差を見せつけられた。

粘りを見せたのは後半39分、右サイドのMF長谷川のロングボールに岩渕が抜け出し、右足でゴール右に突き刺した。日本女子最多を更新する5試合連続ゴールが、値千金の同点弾になった。

「初戦の難しさがある中で、何とか勝ち点1ですけど、つながるゴールが取れててよかった」

札幌ドームではサッカーの男女あわせて10試合が行われるが、すべて無観客で開催。選手の声だけが聞こえる、異例の五輪が幕を開けた。

今大会は12チームが3組に分かれ、各組2位までと、3位のうち上位2チームの計8チームが決勝トーナメントに進出する。突破ラインの想定は勝ち点4。第2戦で格上の英国、最終戦で格下のチリとの対戦が待つ。大きな大きなドロー、勝ち点1だった。

試合結果へ試合日程へ五輪女子代表メンバーへ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加