男性が妊娠?斎藤工&上野樹里「ヒヤマケンタロウの妊娠」ドラマ化 来年Netflixで配信

男性が妊娠?斎藤工&上野樹里「ヒヤマケンタロウの妊娠」ドラマ化 来年Netflixで配信

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2021/04/08
No image

男女逆転の社会派コメディードラマで斎藤工と上野樹里が共演

「もし男性が妊娠したら?」をテーマにした坂井恵理によるコミックス「ヒヤマケンタロウの妊娠」(講談社「BE LOVE KC」所載)が、斎藤工主演、上野樹里ヒロインで実写ドラマ化されることが明らかになった。Netflixがテレビ東京と共に企画・製作し、Netflixオリジナルシリーズとして2022年に全世界独占配信する。

原作は男女逆転生活をコミカルに描きながら、妊娠をきっかけに今まで見えなかった社会問題に直面した主人公が奮闘しながら周囲や自分を変えていく成長物語。舞台は、男性が妊娠・出産するようになった世界。広告代理店の第一線でバリバリ仕事をこなすハイスペック男子の桧山健太郎(斎藤工)は、ある日突然、自分が妊娠していることを知る。妊娠を告げた日から社内や社会から向けられる眼差しや、妊婦が体験する苦労を「妊夫」として向き合う桧山に、パートナーの瀬戸亜季(上野樹里)は寄り添い、共に迷う。二人は現代の妊娠・出産にまつわる多くの問題に対しながらも、ついに「産むか、産まないか」の決断を迫られる。

No image

原作書影

斎藤は、思いがけない妊娠をきっかけに体調だけでなく、仕事や家族のほか、社会や自分自身にも変化が訪れる主人公・桧山健太郎を演じる。作品について「日々“今までの当たり前”が見直されながらも、それが覆されるには時間がかかる歯痒い現代における、この男女の役割の入れ替わりを描く本作は、古き悪き常識に対する新時代のアンチテーゼになる可能性を秘めている気がしています」と話す。

主人公のパートナーを演じる上野は、実家からの結婚へのプレッシャーをものともせず、仕事でキャリアを重ねるために日々忙しく生きるフリーライター兼エディターという役どころ。「気軽に楽しめる作品でありながら、ジェンダーやマイノリティ、LGBTQなどへの理解を深めるきっかけとなる作品になれたらなと思います」と意気込んでいる。

監督は、映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』の箱田優子と、『ハローグッバイ』『望郷』などの菊地健雄。脚本は、「全裸監督」の山田能龍をはじめ、『あのこは貴族』の岨手由貴子、『ミセス・ノイズィ』の天野千尋の3名が担当する。斎藤、上野、原作者・坂井らのコメント全文は以下の通り。(清水一)

▼斎藤工
Q:本作のオファーを受けた時、この「桧山健太郎」という役柄を、どのように演じたいと思われましたか? また、どんな作品にしたいと思われますか?
坂井先生による原作コミックスのあまりのリアリティに、すぐさま「男性妊娠」の実例を調べていました。
日々“今までの当たり前”が見直されながらも、それが覆されるには時間がかかる歯痒い現代における、この男女の役割の入れ替わりを描く本作は、古き悪き常識に対する新時代のアンチテーゼになる可能性を秘めている気がしています。

Q:本作を楽しみにしているファンの皆様へメッセージをお願いいたします。
妊夫として過ごす時間は、既に驚きの連続です。
何事にも多様性が求められている昨今、「ヒヤマケンタロウの妊娠」と言う
坂井先生が産み出して下さった一つの新しい角度、モノのも捉え方を、上野樹里さん、箱田監督、菊地監督をはじめ、日本映画界の要となる素晴らしきキャスト、スタッフ方々と共に
作品に愉しく詰め込んで、広く深く軽やかにお届け出来たらと思っております。

▼上野樹里
Q:本作のオファーを受けた時、この「瀬戸亜季」という役柄を、どのように演じたいと思われましたか? また、どんな作品にしたいと思われますか?
パートナーの桧山が妊娠したことにより、亜季の抱く家族や家庭というものへのネガティブな概念と葛藤したり、自由でありたいと願う亜季の価値観が変化したりと、桧山と共に成長していくキャラクターを楽しんで演じたいです。
気軽に楽しめる作品でありながら、ジェンダーやマイノリティ、LGBTQなどへの理解を深めるきっかけとなる作品になれたらなと思います。

Q:本作を楽しみにしているファンの皆様へメッセージをお願いいたします。
自分らしく生き抜く全ての人へエールを送れるような作品になるよう、亜季を通して自分にできる役割を全力で全うしたいと思います。楽しみにしていてください。

▼坂井恵理(原作者)
世界からすっかり「男尊女卑の国」というイメージで見られてしまっている日本も、少しずつ変わってきているのを感じます。そのことを、この作品を通じて国内外に示せたら…と思いつつ、斎藤さん演じる健太郎、上野さん演じる亜季、箱田監督・菊地監督が撮る「ヒヤマケンタロウの妊娠」を、いち視聴者としてとても楽しみにしています!

▼間宮由玲子(プロデューサー/テレビ東京)
現在26歳の私の周りで最近話題になるのは「結婚・出産」の話です。「そろそろ結婚を考える時期だよ」と言われることも増えました。いろんな選択肢を提示してもらえることはありがたいけれど、私は自分以外の誰かに生き方を決められたくはありません。「結婚」に限らず、様々な局面で生きづらいと思うことは誰しもあると思います。だからこそ「妊娠」という普遍性のある事象を通して、各々の「自分らしさ」を受容する社会の大切さを描く坂井先生の原作「ヒヤマケンタロウの妊娠」を読んだ時、ぜひドラマ化させていただきたいと思いました。映像作品を1.5倍速で観る同世代の方も、つい腰を据えて見たくなる社会派コメディドラマをお届けします。ぜひ、ご期待ください。

▼高橋信一(エクゼクティブ・プロデューサー/Netflix コンテンツ・アクイジション部門 マネージャー)
「もし男性である自分が妊娠したら?」私自身、パートナーが妊娠・出産した際でさえ想像できなかった「If もしも」をこの物語は提示してくれました。男女逆転物語は数あれど、現代性を伴った「妊娠・出産期」での男女逆転を描き出した本作のユニークさに興味をかき立てられるとともに、視聴者に多くの示唆を与えてくれるはずです。斎藤さんが演じる妊夫の葛藤、上野さん演じる妊夫のパートナーの懊悩、それぞれが笑いを通して描かれます。大いに笑ったあと、「もし自分だったら?」と想像してもらえる事を願っております。

シネマトゥデイ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加