原口元気、4試合連続の先発でFK獲得など存在感発揮。ハノーファーは0-1敗戦で連勝逃す

原口元気、4試合連続の先発でFK獲得など存在感発揮。ハノーファーは0-1敗戦で連勝逃す

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2020/10/18
No image

【写真:Getty Images】

【パーダーボルン 1-0 ハノーファー ブンデスリーガ2部第4節】

ドイツ・ブンデスリーガ2部第4節、パーダーボルン対ハノーファーが現地時間18日に行われた。アウェイのハノーファーは0-1の敗戦を喫した。

開幕からリーグ戦3試合連続の先発となっている日本代表MF原口元気はこの日も先発入り。日本代表DF室屋成は55分から途中出場を果たした。

先制したのはパーダーボルン。26分、ハノーファーは自陣でボールを奪われると、デルフラーに右足で決められ先制点を許してしまう。

その後、中々チャンスを作ることができないハノーファー。原口がパスやドリブルなどで打開を試みるも、得点に結びつかない。89分、左サイドでボールを受けた原口は得意のドリブルで仕掛ける。ペナルティエリア手前で相手に倒され、FKを獲得した。このFKも得点には結びつかなかった。

ハノーファーは最後まで得点を決めることができず、試合はこのまま終了。0-1の敗戦を喫したハノーファーは連勝を逃した。

【得点者】
26分 1-0 デルフラー(パーダーボルン)

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加