【日本S】巨人・菅野、無念の6回4失点で降板 栗原1人に3安打4打点、2番手には戸郷

【日本S】巨人・菅野、無念の6回4失点で降板 栗原1人に3安打4打点、2番手には戸郷

  • フルカウント
  • 更新日:2020/11/21
No image

巨人・菅野智之【写真提供:読売巨人軍】

栗原に先制2ラン、追加点を許す2点適時二塁打を浴びる

■巨人 – ソフトバンク(日本シリーズ・21日・京セラドーム)

巨人の菅野智之投手は無念の4失点降板となった。21日に京セラドームで行われた「SMBC日本シリーズ2020」第1戦。先発を託された菅野は6回6安打4失点でマウンドを降りた。

大事な第1戦を任された菅野だったが、4失点でマウンドを降りた。2回、栗原に甘くなったスライダーを運ばれて先制の2ランを被弾。その後は立て直して無失点を続けていたが、6回2死一、三塁で再び栗原に左中間を破る2点適時二塁打を浴びた。

6回を終えたところで87球で降板。菅野は6回6安打4失点で交代となり、2番手には戸郷がマウンドに上がった。(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加