野沢真央が3位、後半連続バーディーに「パターが奇跡のように入りました」

野沢真央が3位、後半連続バーディーに「パターが奇跡のように入りました」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/11/25
No image

1番、ティーショットを放ち打球を見守る野沢(撮影・上田博志)

<国内女子ゴルフツアー:JLPGAツアー選手権リコー杯>◇第1日◇25日◇宮崎CC(6543ヤード、パー72)◇賞金総額1億2000万円(優勝賞金3000万円)◇有観客開催

初優勝を目指す野沢真央(24=愛知製鋼)が6バーディー、2ボギーの68で回り、通算4アンダーで、高橋彩華とともに3位につけた。

後半に入って連続バーディーを含む、4バーディー、ボギーなしだった。「チャンスをしっかり取れたというのもありますが、そんなに調子が良いわけじゃないんですけど、今日はパターが奇跡のように入りました」と振り返った。

約2年前から、渋野日向子らを育てた青木翔コーチに師事している。「どうにもならなくて助けてくださいという感じで、毎週アドバイスをもらっています」と明かした。青木コーチについて「大きなスイング改造をしたので、そのおかげでゴルフも良くなったし、考え方とかをいろいろアドバイスしてくれるので、全体的にすごく助けられています」と感謝した。

首位とは4打差で第2日を迎える。「しっかり自分の思うゴルフをして楽しんでいければいいかな」と意気込んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加