阪神 西勇、青柳らが調整 甲子園で投手指名練習

阪神 西勇、青柳らが調整 甲子園で投手指名練習

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/05/04

3連勝中で今季最多タイの貯金12、2位巨人に3・5ゲーム差を付けて首位を走る阪神は3日、甲子園で投手指名練習を行った。

No image

阪神・西勇輝

あすからのヤクルト2連戦(神宮)には西勇、青柳が順に先発する見込み。西勇はキャッチボールやショートダッシュ、青柳はブルペン入りなどで調整を行った。ここまで防御率2・38の西勇はヤクルト戦今季初登板、同2・25の青柳は6回途中3失点で今季初勝利をつかんだ、3月27日以来の神宮での登板となる。強打のヤクルト打線相手に、これまで通りの試合を作る投球が期待される。

なお、投手指名練習には他にチェン、秋山、ガンケルが参加した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加