立憲・蓮舫氏 改めて国葬反対を表明「今するべきは取りやめる判断です」

立憲・蓮舫氏 改めて国葬反対を表明「今するべきは取りやめる判断です」

  • 東スポWEB
  • 更新日:2022/09/23

立憲民主党の蓮舫氏(54)は23日、自身のツイッターを更新。来週行われる安倍晋三元首相の「国葬」に改めて反対の意を示した。

蓮舫氏は「法的根拠がない。国葬にする基準もない。時の政権の判断だけで決められる。国会の関与がない。税金を使う。さらには、元総理と統一教会の問題」と理由を列挙し、「今するべきは取りやめる判断です」と結んだ。

ネット上では「規定がないのだから憲法違反にも法律違反にもならない」「問題にしたいのなら法律案を国会に提出して法律にすればいい」「法的根拠がないと言われるなら、裁判所に訴えて内閣総理大臣の国葬決定を取り消しないしは、無効判決をもらえばよい」などと批判的なコメントが書き込まれている。

蓮舫氏が所属する立憲は、安倍氏の国葬対応をめぐり、泉健太代表を始めとした同党幹部は欠席、各議員にはそれぞれの判断で決めることになっている。

東スポWeb

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加