16日の東京株式市場見通し=弱含みの動きとなりそう

16日の東京株式市場見通し=弱含みの動きとなりそう

  • モーニングスター
  • 更新日:2020/10/16
No image

予想レンジ:2万3400円-2万3600円(15日終値2万3507円23銭)

16日の東京株式は、弱含みの動きとなりそうだ。きのう15日の弱い動きや週末要因から、ポジション調整の売りに押される展開が見込まれる。ただ、下値には、押し目を拾う動きもみられることから、底堅く推移しそう。また、ファーストリテ<9983>が15日の引け後、21年8月期の連結業績予想(IFRS)を発表。純利益は1650億円(前期比82.6%増)を予想し、過去最高を更新する見込みで、市場予想平均(1560億円程度)を上回っている。日経平均株価への寄与度の高い銘柄だけに、同社株の動向に注目が集まりそうだ。為替相場は、ドル・円が1ドル=105円台の半ば(15日終値は105円21-22銭)、ユーロ・円が1ユーロ=123円台の半ば(同123円48-52銭)と小動き。

15日のADR(米国預託証券)は円換算値で、高安まちまちながら、コマツ<6301>、キーエンス<6861>、ホンダ<7267>などが、15日の東京終値に比べ高い。シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、15日の大阪取引所終値比変わらずの2万3500円だった。(高橋克己)

16日の主な経済指標・スケジュール【国内】・IPO(新規上場)=アースインフィニティ(Eインフィニ)<7692>(ジャスダック)【海外】(時間は日本時間)・21:30 米9月小売売上高・22:15 米9月鉱工業生産・設備稼働率・23:00 米10月ミシガン大学消費者マインド指数◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。(イメージ写真提供:123RF)

高橋 克己

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加