ロシア「国民の部分動員、規模は30万人ではなく100万人」独立系メディアが報道

ロシア「国民の部分動員、規模は30万人ではなく100万人」独立系メディアが報道

  • テレ朝news
  • 更新日:2022/09/29
No image

動画を見る(元記事へ)

ロシアのプーチン大統領が発表した国民の部分動員を巡り、独立系メディアが動員規模は30万人ではなく実際には100万人だと報じ、ロシア国内に動揺が広がっています。

動員に関する大統領令では、10の項目のうち第7項目が機密扱いになっていて、ペスコフ報道官は「人数に関することだ」と述べるにとどめました。

ショイグ国防相はプーチン大統領の演説後、動員規模は30万人だと説明しましたが、独立系メディア「ノーバヤ・ガゼータ・ヨーロッパ」は22日、大統領府関係者の話として機密扱いの部分には「100万人を徴兵できる」と記されていると報じました。

ただ、ペスコフ報道官は22日に報道は「嘘だ」と否定しています。

また、プーチン大統領は21日公開の演説で動員の対象は軍務経験のある予備兵に限られると述べていました。

しかし、独立系ニュースサイトの「メディアゾナ」は兵役の経験のないまま招集された男性について伝えたほか、複数の独立系メディアも医師や看護師などの医療従事者や大学生などが招集されていると報じています。

動員の対象範囲が不明確ななか、ロシア国内では国境が近く閉鎖されるとの情報が流れ、空路や陸路で急いで国を離れる人が多数、出てきています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加