J1神戸 イニエスタ「完璧な一日」142日ぶり復帰 後半30分からプレー

J1神戸 イニエスタ「完璧な一日」142日ぶり復帰 後半30分からプレー

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/05/07
No image

後半途中、実戦への復帰を果たし、仲間に迎えられる神戸・イニエスタ(左)

「明治安田生命J1、神戸3-0広島」(1日、ノエビアスタジアム神戸)

昨年12月に右大腿部の手術を受けたJ1神戸が元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(36)が今季初めてベンチ入りし、後半30分からプレーした。

公式戦142日ぶりの出場を果たしたイニエスタは「幸せな気持ちです。何よりチームメートとピッチでプレーできたことがうれしい」と穏やかな表情を浮かべた。

昨年のACLで右大腿部を負傷し、12月に手術。全治4カ月のけがを乗り越えた。「必死のリハビリをしてきてやっとその努力が実った。素晴らしいゲームで勝ち点3も取れましたし、完璧な一日になりました」と振り返った。

イニエスタは後半開始からピッチ脇で軽めのアップを始め、出番を待つ。後半30分にベンチに呼ばれ、MF井上に代わって投入された。トップ下に入り、落ち着いてボールを回した。得点につながるプレーはなかったが、ベンチ入りでチームの雰囲気を変え、大勝を導いた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加