キアヌ・リーブスが「日本の僕の友人たちへ」と話して『起こした変化』が凄すぎる

キアヌ・リーブスが「日本の僕の友人たちへ」と話して『起こした変化』が凄すぎる

  • FRONTROW
  • 更新日:2021/11/25
No image

『マトリックス レザレクションズ』のキアヌ・リーブスが、日本のあの場所に変化を起こした…!(フロントロウ編集部)

キアヌ・リーブスより日本のファンへメッセージ

人間が生きているこの世界は、じつは「仮想世界=マトリックス」だ。

[ 関連記事を読む - 海外セレブゴシップ ]

20世紀末に世界に衝撃を与えた『マトリックス』から20年。ネオとトリニティーが帰ってくる。

ラナ・ウォシャウスキー監督がふたたびメガホンを取り、キアヌ・リーブスとキャリー=アン・モスが続投する『マトリックス レザレクションズ』は、VFXとカンフーを組み合わせたアクションシーン、カタカナを使ったマトリックスコードなどで、ふたたび映像革命を起こす。

No image

日本では、アメリカでの公開に先駆けて12月17日に劇場公開となる『マトリックス レザレクションズ』。そんな本作で主演を務めるキアヌから、日本のファンへ特別メッセージが到着した。

マトリックスコードを背景に、ファンへお辞儀をしてからメッセージを送ったキアヌ。すると最後に、「日本の僕の友人たちへ。日本をグリーンに染めるよ」と言い、「5、4、3、2、1、0!」と告げると…!?

なんと、東京の「東京タワー」、大阪の「OSAKA WHEEL」、名古屋の「オアシス21」、札幌の「さっぽろテレビ塔」、福岡の「福岡タワー」が一斉にグリーンにライトアップ!

No image

日本が“マトリックス化”された! 私たちが生きている日本という場所もまた、マトリックスなのだろうか…!?

スクリーンで見る映画作品でありながら、“現実”を生きる私たちにも影響を与える力を持つのが、『マトリックス』の強みであり、魅力だろう。20年ぶりの映像体験は、12月17日に劇場で経験できる。

(フロントロウ編集部)

フロントロウ編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加