元世界3位ワウリンカ、1年10ヵ月ぶりにトップ10から白星! 世界4位メドベデフ下し8強[モゼール・オープン]

元世界3位ワウリンカ、1年10ヵ月ぶりにトップ10から白星! 世界4位メドベデフ下し8強[モゼール・オープン]

  • Tennis Classic
  • 更新日:2022/09/23
No image

ワウリンカ、世界4位メドベデフにフルセットで勝利

現地9月22日、「モゼール・オープン」(フランス・メス/ATP250)シングルス2回戦が行われ、元世界ランク3位のスタン・ワウリンカ(スイス/世界ランク284位)が、第1シードのダニール・メドベデフ(同4位)を6-4、6(7)-7、6-3で下し8強入り。約1年10ヵ月ぶりにトップ10から勝利を挙げた。

【動画】これぞワウリンカ! 強烈なバックハンド一閃&マッチハイライト

2005年のATPマスターズ1000パリ大会以来、約17年ぶりにツアー大会に予選から出場となった37歳のワウリンカ。昨年、左足を手術し、今年3月のチャレンジャー大会で1年ぶりに実戦復帰を果たしたものの、ここまで3勝10敗という苦戦を強いられてきた。

だが、この日の試合では、第1セットを6-4で奪うと、第2セットもタイブレークで先にマッチポイントを握ったワウリンカ。コート深くで粘るメドベデフを前に、ストロークのミスが出てセットを奪い返されたが、最終セットは互いにブレークポイントがある中で2度のブレークに成功しフルセットの試合を制した。

オンコートインタビューでは、メドベデフの高いディフェンス力に苦労したと述べつつも、「いくつかミスはあったけど、全体的にはすごくいいレベルにあったよ。勝てて本当にうれしい」と喜んだワウリンカ。この日の勝利は、2020年11月のATPマスターズ1000パリ大会でアンドレイ・ルブレフ戦以来のトップ10勝利となった。

準々決勝では、ミカエル・イマー(スウェーデン/同100位)と対戦する。

Tennis Classic 編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加