【新名神 立ち往生】通行止め解除は26日朝の見込み トラックドライバー「出られる様子はまだ感じられない」

【新名神 立ち往生】通行止め解除は26日朝の見込み トラックドライバー「出られる様子はまだ感じられない」

  • CBC news
  • 更新日:2023/01/26

大雪の影響で、三重県から滋賀県方面に向かう新名神高速道路の下りでは、多くの車の立ち往生が続いています。

【写真を見る】【新名神 立ち往生】通行止め解除は26日朝の見込み トラックドライバー「出られる様子はまだ感じられない」

三重県の菰野(こもの)インターチェンジ近くから中継です。

(CBC 竹下記者)
「三重県菰野町です。この先に、立ち往生していた車が出てくる新名神の菰野インターチェンジがありますが、この一般道も大雪の影響で渋滞し、なかなか先に進めません」

新名神では上りの「立ち往生」はほぼ解消したということですが、滋賀県方面に向かう下りの立ち往生が現在も続いています。

午後5時ごろに三重県菰野町の上空から撮影した新名神高速です。トラックの荷台に乗って雪かきをしている人の姿もみられました。

立ち往生はおよそ19時間続いています。

NEXCO中日本によりますと、渋滞の長さは、正午すぎにおよそ34.5キロメートルに達しましたが、25日午後8時半の時点で、およそ11キロメートルになっているということです。

NEXCO中日本は、「渋滞は徐々に解消に向かっている」と説明していますが、午前2時半ごろから立ち往生しているというトラックのドライバーに話を聞くと、高速道路から出られる様子はまだ感じられないということです。

(ドライバー)
「動いたかなと思ったら、また止まる」

NEXCO中日本は、新名神の通行止め解除は26日朝の見込みだと説明しています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加