西武・十亀、今季初先発も6回3失点「2本のホームランが余計」

西武・十亀、今季初先発も6回3失点「2本のホームランが余計」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2020/10/17

(パ・リーグ、西武-オリックス、23回戦、17日、メットライフ)先発した西武・十亀剣投手(32)が、6回5安打3失点で今季初先発を白星を飾れなかった。

一回は三者凡退の好スタート。四回まで2安打に封じる安定した投球を披露していたが、五回に大下に左越えソロ、六回にはモヤに右翼席上段に突き刺さる特大2ランを浴びるなど、2発に泣いた。「立ち上がりはランナーを出しながらも、いい感じで投げることができたと思いますが、2本のホームランが余計でした」と悔しさをにじませた。

No image

6回、オリックス・モヤ(左奥)に2点本塁打を浴びた西武・十亀=メットライフドーム(撮影・尾崎修二)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加