【K-1】12.4大阪 全試合順決定、メインは木村ミノルの卒業試合、安保の再起戦は13試合目

【K-1】12.4大阪 全試合順決定、メインは木村ミノルの卒業試合、安保の再起戦は13試合目

  • イーファイト
  • 更新日:2021/11/25
No image

12.4 K-1大阪大会の全試合順

12月4日(土)エディオンアリーナ大阪にて開催される『K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~スーパー・ウェルター級&フェザー級ダブルタイトルマッチ~』の全試合順が決定した。

メインイベント(第17試合)は、K-1 WORLD GPスーパー・ウェルター級タイトルマッチで、木村“フィリップ”ミノル(PURGE TOKYO/王者)vs和島大海(月心会チーム侍/挑戦者)。

木村は今回がK-1で最後の試合になることを先日の会見で発表しており、最高の締め括り方を現在は思案中だという。一方、和島は過去2回敗れている木村へのリベンジに燃えている。

セミファイナル(第16試合)は、K-1 WORLD GPフェザー級タイトルマッチで、椿原龍矢(月心会チーム侍/王者)vs軍司泰斗(K-1ジム総本部チームペガサス/挑戦者)。第15試合はスーパー・ライト級で、林健太(FLYSKY GYM) vs 不可思(クロスポイント吉祥寺)。

その他、第14試合は前ライト級王者のゴンナパー・ウィラサクレック(タイ/ウィラサクレック・フェアテックスジム)vs西京佑馬(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)、第13試合は今年9月のK-1ウェルター級王座決定トーナメント決勝で野杁正明に敗れた安保瑠輝也(CLUB es/team ALL-WIN)の再起戦。
第12試合はスーパー・ヘビー級で石井慧(クロアチア/チーム・クロコップ)がK-1二戦目、第11試合は-61.5kg契約でレオナ・ペタス(THE SPIRIT GYM TEAM TOP ZEROS/LARA TOKYO)の9カ月ぶり復帰戦など、粒揃いだ。

ともあれ、この大会のメインは木村の最後の試合。セミまでの16試合(そのほかプレリミナリーファイト4試合)は、これまでのK-1のようにKO必至で盛り上がること間違いなし。果たして木村はどのようにK-1でのエンディングを飾るのか、期待したい。

☆この大会のスケジュール、チケット情報など詳細

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加