FIBA女子ワールドカップ2022初日試合結果 - 日本勝利、開催国オーストラリアが初戦黒星

FIBA女子ワールドカップ2022初日試合結果 - 日本勝利、開催国オーストラリアが初戦黒星

  • 月バス.com
  • 更新日:2022/09/23
No image

初日にマリを破って好スタートを切った女子日本代表Akatsuki Japan(写真/©FIBA.WWC2022)

9月22日にシドニー(オーストラリア)で開幕したFIBA女子ワールドカップ2022は、初日に日本を含め出場全12チームが初戦を終えた。日本はマリを89-56で撃破。一方開催国オーストラリアは、この日最後の試合でフランスに57-70で敗れた。東京2020オリンピック金メダリストのアメリカは、WNBAファイナルでラスベガス・エイセズを王座に導いた主力の3人 - エイジャ・ウィルソン、チェルシー・グレイ、ケルシー・プラム - を起用しない状態でベルギーに87-72と15点差をつけて勝利している。

No image

オーストラリア対フランス戦でペイントアタックを試みるフランスのギャビー・ウィリアムズ(写真/©FIBA.WWC2022)

☆初日の試合結果
グループA
ボスニア・ヘルツェゴビナ58-82プエルトリコ
アメリカ87-72ベルギー
韓国44-107中国

グループB
カナダ67-60セルビア
日本89-56マリ
オーストラリア57-70フランス

No image

ワシントン・ミスティックスでの町田瑠唯のチームメイト、アリエル・アトキンスも7得点、4リバウンド、6アシスト、2スティールとオールラウンドに活躍した(写真/©FIBA.WWC2022)

この日力強いプレーを見せたのは中国で、同じ東アジアから出場している韓国を相手に107-44という大差の勝利を手にしている。ハンシュー(205cm)、リー・ユェル(200cm)というビッグセンター二人を擁し、初日はリバウンドで12チーム中トップの58本、フィールドゴール成功率60.3%がいずれも12チーム中トップの数字だった。

No image

身長205cmのビッグセンター、ハンシューは勧告を相手に13得点、15リバウンド、2ブロックと高さを生かした大活躍を披露した(写真/©FIBA.WWC2022)

日本は初戦で3P成功率が43.2%(37本中16本成功)と高確率だったが、これはアテンプトと成功数も含め、いずれも12チーム中で最高の数字。また失点56も、中国の44に次ぐ2番目に良い数字だ。

今大会でグループBの日本は、23日11時(日本時間)からセルビアと対戦する。

☆日本の試合結果と今後の日程
グループラウンド
9月22日(木)日本89-56マリ
9月23日(金)11:00 vsセルビア
9月25日(日)19:30 vsカナダ
9月26日(月)15:00 vsフランス
9月27日(火)19:30 vsオーストラリア

決勝トーナメント ※グループBで4位以内に入った場合
9月29日(木)準々決勝
9月30日(金)準決勝
10月1日(土)3位決定戦、決勝戦

☆放送・配信
BS/CS:NHK BS1フジテレビNEXT
ネット:DAZN

(月刊バスケットボール)

The postFIBA女子ワールドカップ2022初日試合結果 - 日本勝利、開催国オーストラリアが初戦黒星first appeared onバスケ専門情報│月バス.com.

月刊バスケットボール

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加