大竹しのぶ 橋田寿賀子さん偲び20歳の時に草刈正雄と共演ドラマ写真投稿 ファン「初々しい~」

大竹しのぶ 橋田寿賀子さん偲び20歳の時に草刈正雄と共演ドラマ写真投稿 ファン「初々しい~」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/04/09

女優の大竹しのぶ(63)が8日、自身のインスタグラムを更新し、4日に急性リンパ腫のため95歳で死去した脚本家で劇作家の橋田寿賀子さんを偲んだ。

No image

大竹しのぶ

大竹は「橋田壽賀子さんの作品に初めて出演したのは私が20歳の時だった」とし、大竹と、俳優の草刈正雄(68)が写った76年のTBSドラマ「ほんとうに」の写真を投稿。「京塚昌子さん主演のお煎餅やさんが舞台で、私はそこの従業員、桃子という役だった。草刈正雄さん扮する南平坊っちゃんと恋に落ちるというストーリー。半年くらい続いた様な気がする。その後も若い時は何度か先生の作品に出演したものだった」とつづった。

大竹は「なぜこの台詞を言うのかわからなくて、リハーサル室からお電話して、先生に聞いたことも何度かあった」と、当時から真摯に仕事に取り組んでいた様子を示し、「みんな桃ちゃん桃ちゃんと可愛がってくれたっけ。本当にお世話になりました。嘘をつかず、真っ直ぐに、そしてきちんとご自分の最後までも、お考えになっていらして、本当にすごい方だったと改めて思いました。心からご冥福をお祈りします」と結んだ。

フォロワーからも橋田さんを追悼する言葉とともに、写真を見て「うわ~初々しい~」「若い&可愛いです」「うわぁ懐かしいです!」「草刈正雄さんと…お二人とも今と変わらず、お若い」などの声が寄せられていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加