「すべての瞬間を楽しんだ」 ラプターズの渡邊雄太が古巣グリズリーズ戦で今季初出場

「すべての瞬間を楽しんだ」 ラプターズの渡邊雄太が古巣グリズリーズ戦で今季初出場

  • NBA Rakuten NEWS
  • 更新日:2021/11/25
No image

日本時間11月25日(現地24日)、フェデックス・フォーラムで行なわれたメンフィス・グリズリーズ対トロント・ラプターズ戦に、ラプターズの渡邊雄太が途中出場した。今季初出場となった渡邊は13分プレイし、3点(フィールドゴール 0/3、フリースロー 3/4、3ポイント 0/1)、3リバウンド、2スティール、2ブロックを記録している。

渡邊は第2クォーター残り9分54秒、ダラーノ・バントンとの交代でコートインした。すると、約1分半後には相手のフィンガーロールをブロックするなど、自慢のディフェンスで存在感を示した。シュートはすべてミスしたものの、フリースローは4本中3本成功。第4クォーター残り10分55秒には、ディロン・ブルックスのドライビングダンクに対して果敢にブロックへ跳び、左手一本で止めて見せた。

試合後、渡邊は「この時を1か月半待っていました。すべての瞬間を楽しんだし、素晴らしかったです」と振り返っている。

ニック・ナースHC(ヘッドコーチ)も、「彼は素晴らしかったと思う。我々のエナジーが足りていない時、彼はルーズボールに飛び込んでいたし、オフェンスでもボールを何度っかセーブして、見事なブロックも決めた。素晴らしい全力プレイで起爆剤となったね」と、渡邊の活躍を絶賛した。

ラプターズは27日(同26日)に敵地ゲインブリッジ・フィールドハウスでインディアナ・ペイサーズと対戦する。

(C)2021 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加