コインランドリーは洗剤や柔軟剤が必要・不要?上手な使い方

コインランドリーは洗剤や柔軟剤が必要・不要?上手な使い方

  • くらしのマーケット
  • 更新日:2021/07/21
No image

1) コインランドリーは洗剤や柔軟剤を持っていくべき?

コインランドリーには洗濯機と乾燥機が設置されていますが、利用する際、洗剤や柔軟剤の持ち込みが必要なのか不要なのか?まずは、コインランドリーを利用するときの洗剤や柔軟剤の必要性について見ていきましょう。

1)-1 コインランドリーは基本的に洗剤や柔軟剤の持ち込みは不要

結論から言うと、一般的にコインランドリーは洗剤や柔軟剤の持ち込みが不要です。洗濯機に洗剤と柔軟剤が入ったタンクが繋がれており、自動的に適量を入れてくれる仕組みになっているためです。

したがって、利用者はお金を入れてスイッチを押すだけで洗濯が完了します。手ぶらで行っても洗濯できるので安心です。

1)-2 洗剤や柔軟剤が販売されているところもある

機械や設備が古くて自動投入機能がついていないコインランドリーなどでは、自分で洗剤や柔軟剤を入れる必要があります。この場合も、コインランドリー内の自動販売機などで洗剤や柔軟剤が購入できるのが一般的です(※)。

※小規模なコインランドリーなどでは販売されていない場合もあります。初めて行く場所では、洗剤の必要・不要を事前に確認するまたは念のため洗剤などを持参すると安心です。

2) コインランドリーで持ち込みの洗剤を入れたいときの対処法

持参した洗剤や柔軟剤で好きな形に仕上げたいという方へ、洗剤や柔軟剤の持ち込みをしたいときの対処法を紹介します。

2)-1 自動投入機能がない機械を選ぶ

持ち込みの洗剤や柔軟剤を使いたいときは、自動投入機能がない機械があるコインランドリーを選びましょう。

2)-2 洗剤が選べる店舗を探す

最新のコインランドリー店や高級な有人のコインランドリー店などでは、いくつかの洗剤の中から自分で選べるサービスを展開しているところがあります。「コインランドリー 洗剤 選べる」などで検索してみましょう。

2)-3 乾燥機だけ利用する

洗剤にこだわりがあるものの、近くに理想のコインランドリーがないという場合は、乾燥機だけ利用するという視点もあります。

雨の季節、羽毛布団やシーツなど自宅で乾かすことが難しいときは、自宅で洗ってコインランドリーで乾燥させると、好きな洗剤で洗えるだけでなく、コインランドリー特有の乾燥力でふわふわで気持ちのいい仕上がりにすることができます。

<注意>

・濡れた洗濯物を運ぶのは、想像以上に重くなることがあります。

・車のシートなどへの水濡れを防ぐため、防水性能が高いランドリーバックなどに入れて持ち運びましょう。

2)-4 洗剤なしでもOK?

行ってみたら洗剤がなかった、入れ忘れたという場合も、あまり心配はいりません。

理由は、水溶性の汚れは一般的に、水だけでも一定程度キレイに洗うことができ、さらに高温の乾燥にかけることで衛生の面でも多くをカバーできるとされているからです。

<注意>

・ひどい泥汚れや油汚れ、しつこい臭いを落とす目的だと、洗剤なしでは足りない場合があります。

・毎回洗剤を使用しないケースは、皮脂汚れなどの油性の汚れが蓄積して黄ばみや黒ずみが出る場合があります。

3) コインランドリーの洗剤Q&A

最後に、コインランドリーの洗剤に関するよくある疑問について2つ紹介します。

3)-1 コインランドリーの洗剤は何が使われている?

コインランドリーでは市販されている洗剤ではなく、専用の業務用洗剤が使われているのが一般的です。しかし、備え付けの洗剤だから品質が悪いとうことはほとんどありません。

<一般的なコインランドリーの洗剤の特徴>

すすぎが1回でいい洗剤、洗剤と柔軟剤が混ざっている洗剤、抗菌効果が高い洗剤など、機能性を重視した洗剤が使われる傾向にあります。

<最新・こだわりのコインランドリーの洗剤の特徴>

厳選した高性能な洗剤、香りにこだわった高級な洗剤、アルカリイオン水など水を工夫することで「洗剤なし」でもキレイに仕上がるコインランドリーもあります。

3)-2 コインランドリーの持ち込みに向いている洗剤は?

コインランドリーにおすすめの洗剤を紹介します。

<おすすめ洗剤はジェルボール>

洗剤を持っていくときは、ジェルボールタイプがおすすめです。1回分がジェル状になっているので軽く、持ち運び中にこぼれて汚す心配も少ないためです。

<小分けのボトルで>

液体タイプや粉末タイプの洗剤を持っていくときは、250mlサイズの小さめの飲料用ペットボトルに詰め替えて持参するのがおすすめです。持ち運びしやすく、丈夫なボディーが安心です。万が一、こぼした場合の被害も最小限で抑えられます。

4) コインランドリーは洗剤不要!手ぶらで利用してもOK

近年のコインランドリーのほとんどは、洗剤や柔軟剤が備え付けられており、自動で適量を投入する機能が搭載されています。

手持ちの洗剤を使いたい場合は、自動投入機能がない店舗や洗剤が選べる店舗を利用するのがおすすめ。また乾燥機だけコインランドリーで行うという方法もあります。自分の希望にあったコインランドリーを見つけて、便利に活用していきましょう。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加