川も凍る...各地で記録的な寒さ 水道管凍結が相次ぐ スタッフを倍にして対応<福島・郡山市>

川も凍る...各地で記録的な寒さ 水道管凍結が相次ぐ スタッフを倍にして対応<福島・郡山市>

  • 福島ニュース 福テレ
  • 更新日:2023/01/25
No image

福島テレビ

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

10年に一度レベルの寒波で、福島県内は氷点下の世界となった。1月25日の県内各地の最高気温と最低気温をみると、最高気温が軒並み氷点下。30ある観測地点のうち、18で観測史上最も低くなった。(※1月25日午後4時時点)

***

最高気温が氷点下4.6度と観測史上最も低くなった福島県郡山市。

中心部を流れる逢瀬川では、川幅の半分以上が凍結しているところも。

この冷え込みで問い合わせが相次いだのが水道管のトラブル。

修理などを請け負う郡山市の事業者には、朝から30件ほどの依頼があった。25日はスタッフの人数を倍にして対応している。

クラシアン福島浜中・本間翔本部長:「凍結、その他凍結が治ってからの破裂というのが一番想定されます。解氷された後、水が通水された時、管の中で氷になっていた水が膨張して、破裂するような形になりますので、通水したときにご自宅回りの配管を一度、確認された方が良いかと思います」

***

26日にかけても、引き続き凍結には注意が必要となる。

対策としては、水抜栓のふたを開けてハンドルを回し、蛇口を全開にして水を抜く「水抜き」を。

もしも凍結したら、熱湯をかけてはいけない。ぬるま湯を、ゆっくりかけて溶かすとよい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加