神尾楓珠、NHKドラマ初主演で17歳の総理に 星野源&山田杏奈共演×吉田玲子脚本

神尾楓珠、NHKドラマ初主演で17歳の総理に 星野源&山田杏奈共演×吉田玲子脚本

  • クランクイン!
  • 更新日:2022/01/15
No image

土曜ドラマ『17才の帝国』ビジュアル<画像を拡大する>

俳優の神尾楓珠が、5月から放送される土曜ドラマ『17才の帝国』(NHK総合)で主演を務めることが発表された。神尾はNHKドラマ初主演。

【写真】神尾楓珠、“ただのイケメン”にならない決意 「演技で見せられるようになるしかない」

本作は、近未来日本の地方都市に立ち上がった「実験都市プロジェクト」を舞台に、「AI」を駆使し、理想の政治の実現を目指す17歳のリーダーの姿を描く青春&SFエンターテインメント。脚本は、アニメ『けいおん!』『ガールズ&パンツァー』『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』などを手がけてきた吉田玲子のオリジナル。

舞台は202X年。日本は深い閉塞感に包まれ、世界からは斜陽国の烙印(らくいん)を押されている。出口のない状況を打破するため、総理・鷲田はあるプロジェクトを立ち上げた。「Utopi‐AI」、通称UA(ウーア)構想。全国からリーダーをAIで選抜し、退廃した都市の統治を担わせる実験プロジェクトだ。若者が政治を担えない理由は、「経験」の少なさだと言われてきた。AIは、一人の人間が到底「経験」し得ない、膨大な量のデータを持っている。つまり、AIによっていくらでも「経験」は補えるのだ。

それを証明するかのごとく、AIが首相に選んだのは、若く未熟ながらも理想の社会を求める、17歳の少年・真木亜蘭(まきあらん)。他のメンバーも全員20歳前後の若者だった。真木は、仲間とともにAIを駆使し改革を進め、衰退しかけていた地方都市を、実験都市ウーアとして生まれ変わらせていく―。

神尾が演じるのは、17歳の若き総理・真木亜蘭。また、真木への恋心が物語を動かす大きな鍵になっていくヒロイン・茶川サチ役には山田杏奈。真木と共に新しい政治を模索していく若き閣僚たちには、河合優実望月歩染谷将太。さらに、実験都市の立ち上げから関わる次世代の総理候補・平清志を星野源が演じる。

主演の神尾は「僕が演じる真木亜蘭はミステリアスで、一見高校生離れしてるように見えるのですが、たまに高校生らしい部分もあって、掴みどころがない役柄なので、役を掴むまでは苦労しました。正直未だに掴み切れていません。主演ということで、プレッシャーも感じていますが、原作のないオリジナル脚本なので、視野を広く持って、楽しんで演じたいと思います」と語っている。

土曜ドラマ『17才の帝国』は、NHK総合にて5月より毎週土曜夜放送。全5回。

クランクイン!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加