2年前のマラドーナの死を調査、関与の主治医ら8名が過失致死罪で裁判に

2年前のマラドーナの死を調査、関与の主治医ら8名が過失致死罪で裁判に

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2022/06/23
No image

2020年11月25日に60歳で急逝したアルゼンチンの英雄であるディエゴ・マラドーナ。その死に関して、8人の医療専門家が裁判にかけられることとなった。フランス『レキップ』が報じた。

【詳細写真】世界最高額で落札されたマラドーナ氏の着用ユニフォーム

マラドーナ氏は亡くなる前、脳に硬膜下血腫が見つかったため、緊急手術を受けていた。その後に回復し、自宅で治療を続けていた中、心停止を起こして帰らぬ人となっていた。

しかし、この死には数々の噂が流れ、主治医であったレオポルド・ルケ氏が死に関与しているという報道まで出たほど。その中で、アルゼンチンの検察がマラドーナのメディカルチームを調査するように2021年3月に20人の専門家を集めて、過失かどうかの調査を始めていた。

調査の結果、意図を持った殺人罪として告発を受けており、懲役8年〜25年になる可能性がある灯された中、サン・イシドロの裁判官は22日、8人の医療専門家を過失致死罪で裁判にかけるとした。

今年4月には主治医であったレオポルド・ルケ氏や精神科医、心理学者、医療コーディネーター、看護コーディネーター、看護師2名、臨床医の合計8名に出廷が要請されているという。

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加