神戸・大迫 待望の今季リーグ戦初ゴール 出場10戦目「積み重ねていけるように」

神戸・大迫 待望の今季リーグ戦初ゴール 出場10戦目「積み重ねていけるように」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/05/20
No image

後半、チーム4点目となるゴールを決め、雄たけびを上げる神戸・大迫(撮影・高部洋祐)

「明治安田生命J1、神戸4-0鳥栖」(14日、ノエビアスタジアム神戸)

神戸は鳥栖に4-0で大勝し、開幕12戦目で今季初勝利を飾った。1勝4分け7敗の勝ち点7とし、湘南を得失点差で上回り、最下位を脱出した。

コンディションに問題がありベンチスタートとなった日本代表FW大迫勇也(31)は後半ロスタイムに今季初得点を決めた。後半22分にMFイニエスタに代わり出場。ロスタイムにFWボージャンの絶妙のパスから右足でゴールした。「勝つことがすべてでした。今日の試合は素晴らしい勝利でしたし、これから積み重ねていけるようにしたい」と振り返った。

今季リーグ戦出場10試合目で待望の初得点。日本代表のエースは「なかなかチームとしても個人としても結果が出なかったので、苦しい時期が続いていた。この勝利をきっかけにして、選手全員の力でやり続けていくしかない」と浮上を誓った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加