グランアレグリアが今年の世界ランク牝馬首位に、総合首位は英のパレスピア

グランアレグリアが今年の世界ランク牝馬首位に、総合首位は英のパレスピア

  • netkeiba.com
  • 更新日:2021/06/11
No image

ヴィクトリアMを4馬身差で圧勝したグランアレグリア(撮影:下野雄規)

IFHA(国際競馬統括機関連盟)から「ロンジンワールドベストレースホースランキング」が発表された。

今回の中間発表は2021年1月1日から6月6日までに実施された世界の主要レースが対象で、新たに日英仏のダービー、ロッキンジS(英G1)、マンハッタンS(米G1)などが加わった。

ランキング首位は欧州の最強マイラー・パレスピアで、レーティングは125。前回の中間発表では4位タイ(レーティング121)だったが、ロッキンジSを制して首位に浮上した。

2位(123)は前回首位のネイチャーストリップ。3位タイ(122)は前回2位のミシュリフ、ミスティックガイドに、マンハッタンSを制したドメスティックスペンディングが新たに加わった。

6位タイ(121)はアダイヤー、アデイブ、エドゥアルド、エッセンシャルクオリティ、グランアレグリア、パイルドライバーの6頭。ヴィクトリアマイル(GI)完勝を評価されたグランアレグリアが牝馬の首位、ダービー(英G1)を制したアダイヤーが3歳馬の首位となった。

12位タイ(120)は日本馬エフフォーリア、グローリーヴェイズ、シャフリヤールを含む14頭。オークス(英G1)を16馬身差で圧勝したディープインパクト産駒スノーフォールも、3歳牝馬で唯一ランクインしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加