高杉真宙「色んな意味で揺さぶられる」“同居人”関水渚との喧嘩シーン到着『いつか、いつも......いつまでも。』

高杉真宙「色んな意味で揺さぶられる」“同居人”関水渚との喧嘩シーン到着『いつか、いつも......いつまでも。』

  • シネマカフェ
  • 更新日:2022/09/26
No image

『いつか、いつも‥‥‥いつまでも。』(C)2022『いつか、いつも‥‥‥いつまでも。』製作委員会

もっと画像を見る

憧れの人とソックリな女性と、まさかの同居? しかも中身は理想と真逆で…という2人を、高杉真宙と関水渚が演じるハートウォーミング・ラブストーリー『いつか、いつも‥‥‥いつまでも。』。この度、同居早々に些細なことから火花を散らし、ぶつかり合いながらも、実は”似た者同士”であることがうかがえる微笑ましい本編映像が解禁となった。

「鎌倉殿の13人」「初恋の悪魔」など話題作続々の山谷花純、『天間荘の三姉妹』でも難役に挑む

詳しい事情も聞かないまま亜子(関水渚)を優しく迎え入れた俊英(高杉真宙)の祖父の“じいさん”(石橋蓮司)や、家政婦のきよさん(芹川藍)の気遣いに感謝せず、感情の赴くまま破天荒な行動を繰り返す亜子。

ある朝、ふてくされ続ける亜子を見かねた俊英は、彼の部屋で寝ている亜子の顔に濡れたタオルを放り投げる。突然の出来事に慌てふためく亜子に対し、「10分たったらまたくる」とピシっと言い放つ俊英だったが、亜子も負けじと俊英に飛び掛かり、取っ組み合いの喧嘩が勃発してしまう…。

映像では2人の衝突はますますヒートアップするばかりだが、感情表現が苦手な俊英、なかなか素直になれない亜子と互いに不器用な2人。”似たもの同士”の俊英と亜子が互いに感情をぶつけ合うことで、2人の距離が縮まっていく過程ともいえ、慌ただしくも微笑ましい日常が切り取られている。

No image

そんな亜子について高杉さんは、「俊英としての亜子に対する存在ってすごく複雑だなと思っていて。こうと言い切れることはなかなかないんですけど、でもすごく楽しい存在、色んな意味で揺さぶられる存在なんだろうなと思います」と語る。

劇中では、亜子と最初は衝突する中で、これまで流されるように淡々と生きてきた俊英の“何か”が変わっていく。一方で諦めきれない夢と現実の狭間でもがく亜子もまた、俊英や彼の家族の温かさに触れ、少しずつ素直な自分を取り戻していく。俊英の抱く理想とは真逆の亜子がやってきたことでぶつかりながらも、まだ知らない一面を知っていくにつれてお互いに惹かれあっていく2人。じいさんやきよさんたち家族が見守る中、そんな2人が織りなす温かな恋模様に注目してほしい。

『いつか、いつも‥‥‥いつまでも。』は10月14日(金)より全国にて公開。

吉野北人“司”の新たな一面に「眼光の鋭さが最高」「惚れ直す」の声多数『HiGH&LOW THE WORST X』

南仏の別荘で食事を楽しむクローリー家の面々をとらえる『ダウントン・アビー/新たなる時代へ』本編映像

『アバター』特別版が2週間限定公開!最新作『ウェイ・オブ・ウォーター』公開前に再上映

text:cinemacafe.net

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加