DeNA・梶谷「ベース踏み忘れたので焦りました」逆転満塁&2打席連続弾で6打点

DeNA・梶谷「ベース踏み忘れたので焦りました」逆転満塁&2打席連続弾で6打点

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/10/19
No image

8回、2打席連続の2ランを放つDeNA・梶谷=横浜スタジアム(撮影・高石航平)

「DeNA10-6巨人」(18日、横浜スタジアム)

DeNAが梶谷の2発6打点の活躍で大逆転勝利を飾った。

0-5と劣勢で迎えた七回だった。4連打で2点をかえし、なおも無死満塁。巨人2番手・高梨の2球目。内角低めのツーシームをフルスイング。18号逆転満塁本塁打を右中間席中段に突き刺した。

「久々にいい感触が残ったので、(スタンドに)いってくれるかなと思いました」と手応えを明かした。「心の中では何とかチームに貢献したい気持ちもありましたし、少し不安な気持ちもありましたけど、何とか結果が出て良かった」と心境も話した。

ファンの大歓声を背に一塁を少し回ったあと、永池コーチに呼び止められて逆戻り。苦笑いしながら一塁ベースを踏み直した。「ベース踏み忘れたので焦りましたけど。すごく気持ち良かったです」と拍手の中、珍プレーもありながらダイヤモンドを一周したシーンを振り返った。

八回には2点を追加してなお2死三塁の場面で2打席連続となる18号右越え2ラン。「まぐれかなと。いい流れを作ってくれたのでいい気持ちで打席に入れました」

大逆転の立役者にラミレス監督も目を細めた。「素晴らしいホームランでした。梶谷は満塁だとクラッチヒッターの本領を発揮してくれる。日本でナンバー1の一番打者だと思います」と絶賛する。梶谷は「毎日毎日全力を尽くすだけ。結果につながってよかったです」とお立ち台で笑顔だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加