初代iPhone SE〜iPhone12 Pro Maxの変遷、大きさを画像で確認

初代iPhone SE〜iPhone12 Pro Maxの変遷、大きさを画像で確認

  • iPhone Mania
  • 更新日:2020/10/16
No image

MacRumorsが、4インチディスプレイを搭載した初代iPhone SEから、6.7インチディスプレイを搭載するiPhone12 Pro Maxまでの8モデルの大きさを、同じ縮尺にした画像で比較しています。筐体のサイズだけではなく、リアカメラ、リアカメラハウジングも大きくなってきていることがわかります。

iPhone11 Proよりも大型化されたiPhone12 Proのリアカメラ

MacRumorsの比較画像から、iPhone12 miniはiPhone7、8、iPhone SE(第2世代)よりも小さいこと、その小さな筐体に大きな2眼カメラを搭載していることが確認できます。

カメラユニットは初代iPhone SEが搭載するものよりも大きくなっていますが、リーズナブルなバッテリー持続時間を実現できたのは、ロジックボードの小型化、バッテリー容量の増加が理由と考えられます。

iPhone11 Proシリーズと比較し、iPhone12 Proシリーズのカメラは同じ3眼ですが、LiDARが搭載され、カメラハウジングも大きくなっています。

iPhone12 Proシリーズの、マイク穴は小型化され、目立ちにくくなったことも報告されています。

歴代モデルを重ねて比較したイラストも公開中

イギリス在住の建築学科の学生ケイト・マシューズ氏は、iPhone12シリーズと他のiPhoneの外形寸法の違いを、重ねた状態のイラストで比較しています。

Source:MacRumors
(FT729)

あわせて読みたいiPhone12シリーズ 関連特集

【総力特集】iPhone12の料金、性能を徹底比較!

【速攻予約】iPhone12を予約!オンラインでいち早く購入する方法まとめ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加