オードリー・ヘプバーンがバレリーナになっていたら。

オードリー・ヘプバーンがバレリーナになっていたら。

  • フィガロジャポン
  • 更新日:2022/11/25

伝説的女優オードリー・ヘプバーンが、元々はバレリーナを志していたという話は有名だ。オードリーの特徴的な長い首と手足は、バレエに精進した賜物だろう。170cmと当時としては比較的高い身長のため、あるいは実際にバレエ団のテストを受けたけれども「プリマにはなれない」と言われて断念したと言われているが、実際にオードリーがバレリーナになっていたらどんな感じだったか? 写真ではいくつも残っているが、映像で見るとそうした想像がよりリアルに搔き立てられる。

オードリーをスターにした『ローマの休日』(1953年)の直前に撮影された『初恋(原題:Secret People)』(1952年)で、オードリーはバレリーナを演じる機会に恵まれた。オーディションシーンで、そして舞台で主役を踊るシーンで、その腕前を披露しているが、可憐なバレリーナ姿はいま見ても愛らしい。

Audrey Hepburn 1951 “My first dream to be a ballet dancer”
(İlk hayalim bale dansçısı olmaktı) pic.twitter.com/8ouYG1h8Ce
— Erhan Güzel (@guzelerhan)
March 3, 2022
from Twitter

Audrey Hepburn. Ballet Lesson. pic.twitter.com/gRRZ9fthEq
— MyFilmClub (@MyFilmClub)
April 28, 2018
from Twitter

Une des trois séquences de ballet avec une jeune Audrey Hepburn dans le film The Secret People, 1952 #cinema pic.twitter.com/k2oD7OmIgv
— Photos Histoires (@PhotosHistos)
December 15, 2018
from Twitter

Frankly appalled no one has ever alerted me to this photo series of Audrey doing ballet/yoga in a red unitard. pic.twitter.com/0ydv75N7ko
— Ariane Beeston (@ArianeBeeston)
February 12, 2020
from Twitter

【合わせて読みたい】

▶︎▶︎ダイアナ妃にMr.ビーンが謁見したときの歴史的瞬間。

▶︎▶︎実は同い年! マリリン・モンローがエリザベス女王に謁見する貴重な動画。

▶︎▶︎1967年、群衆を熱狂させたブリジット・バルドー。

text: Eriko Kiryuin

フィガロジャポン編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加