鷹、チーム打率リーグ4位で勝てる訳 専門家が分析した「効率のいい一発」とは?

鷹、チーム打率リーグ4位で勝てる訳 専門家が分析した「効率のいい一発」とは?

  • フルカウント
  • 更新日:2020/10/18
No image

10号ソロを放ったソフトバンクのジュリスベル・グラシアル【写真:藤浦一都】

効率のいい一発攻勢、得点圏打率の高い栗原の効果的なタイムリー

■ソフトバンク 5-0 楽天(17日・PayPayドーム)

首位ソフトバンクがホームで3位楽天を5-0で下し、7連勝を飾った。これで、試合が雨天中止となった2位ロッテとのゲーム差は4.5に広がった。この日は柳田、グラシアルのソロ本塁打で得点を重ね、5回には3四死球の後、栗原の長打で3得点。現役時代、巨人で活躍し、楽天でヘッドコーチを務めた野球評論家の松本匡史氏は「今年のホークスは少ない安打数の中でも得点ができていて、その象徴的な試合になった」と振り返った。

リーグトップの113本塁打を誇るソフトバンク打線が、一発攻勢で試合の主導権を握った。まずは初回。2死から柳田が楽天石橋の内角直球を右翼席中段に運ぶ先制27号ソロ。4回には先頭のグラシアルがフォークを左中間のホームランテラス席に運ぶ10号ソロ。序盤にビッグイニングを作ることはできなかったが、効率のいい一発攻勢で得点を重ねた。

「柳田の本塁打は初回2死からだったが、立ち上がりを3人で終わるのとは全然違う。2死から1発を打てるのは脅威。4回にもグラシアルがソロ本塁打を放ったが、ソフトバンクはこういう一発攻勢もできるのが大きい。ヒットが打てない中でも、一発で点を取っていける強さがある」

さらに5回には1死から周東が四球、中村晃も死球で続き、2死二、三塁となった後、グラシアルも四球を選び、満塁のチャンス。そこで得点圏打率.371を誇る栗原が走者一掃の右中間への3点適時二塁打。ソフトバンクは5回までにわずか5安打で5点を奪った。松本氏は「前の打者グラシアルがストレートの四球で出塁し、投手がストライクを欲しがる場面で、栗原は初球の甘いカーブをしっかりとらえた。チャンスに強い栗原らしいバッティングでした」と、相手バッテリーの心理を読んだ上で、初球から積極的な打撃をした栗原を称えた。

残り17試合、CS、そして日本シリーズへ…先発陣の更なる安定感が必要に

この日の先発は、7回4安打無失点で8勝目を挙げた東浜だった。4回には1死から連続四球と安打で満塁のピンチを招いたが、後続2人を抑え、得点を与えなかった。松本氏は「こういう勝ち方をしていくためには投手がしっかり抑えないといけない」といい「東浜はボール球も多く、苦しいピッチングだったが、苦しかった4回によく踏ん張った」と、投打が噛み合っての勝利だったことを強調した。

これでホークスは103試合を終え、59勝39敗5分。残り17試合を戦った後はクライマックスシリーズ、そして日本シリーズが待っている。では今後、短期決戦を戦っていくために必要なこととは何なのだろうか。松本氏は、先発陣の更なる安定だと指摘する。

「先発が苦しんでも、森、モイネロ、高橋礼、嘉弥真ら後ろがしっかり抑えるのが今年のホークスの強さ。そして、ここにきて千賀、石川ら先発陣も安定してきた。あとは和田、東浜、ムーアがしっかりしてくれば、もっと安定度が増す。得点は水ものなので、なかなか取れないこともある。その中で先発、中継ぎ、抑えがしっかりしていればいい」

今季、パ・リーグはリーグ1位と2位のチームが4試合制(1位のチームに1勝のアドバンテージが与えられ、先に3勝を挙げたチームが日本シリーズに進出)で戦うクライマックスシリーズ。ファイナルステージが6試合制だった例年と比べ、今年は試合数が減るが、ソフトバンクはこの日のような得点力の高い頼もしい打線があるだけに、残り試合で優勝をつかむとともに、先発陣の状態を更に上げていくことが、CS突破への鍵となりそうだ。(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加