李在明大統領候補「韓日関係、遠ざかる現実が残念...未来志向に変化を」

李在明大統領候補「韓日関係、遠ざかる現実が残念...未来志向に変化を」

  • 中央日報日本語版
  • 更新日:2021/11/25
No image

与党・共に民主党の李在明(イ・ジェミョン)大統領候補 イム・ヒョンドン記者

共に民主党大統領選候補の李在明(イ・ジェミョン)氏が韓日関係を未来志向的に変えなければならないと語った。

李候補は25日午前、ソウル市内のホテルで開かれた韓国日報主催のコラシアフォーラムで「韓日関係は本当に近いながらも遠い関係だが、ますます遠ざかっている現実を残念に思う」とし「未来志向的な関係に変えなければならない」と話した。

李候補は最も重要な外交原則は「国民」と「実用」中心だと述べた。李候補は「国際関係の規律を定める国際法があるが、実際は現実的利益によって動くもの」とし「国益中心の均衡的思考をしなければならない」と強調した。

李候補は「歴史問題や領土問題には断固たる態度を示すべき」とし「国家主権に対する問題であるため、厳正にすべき領域」とした。

反面、国民間の社会・経済的交流協力については「継続して拡大、強化することが両国国民と国家にとって利益になる」と述べた。

李候補は、金大中(キム・デジュン)・小渕宣言を承継しなければならないとした。李候補は「この宣言に韓日関係の未来設計が込められていると思う」とし「過去を直視して現実を認めつつ、未来志向的に両国ともに役立つ方向に進まなければならない」と述べた。

李候補は日本政界の終戦宣言反対の動きについて「大韓民国の国益を守るという側面で明確な立場を表明し、指摘しなければならない」とし「しかし、韓日関係を根本的に悪化させないよう絶えず意思疎通しなければならない」と述べた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加