「カビ?」13年間使用の豊胸バッグを除去した女性、中の浮遊物に愕然(米)<動画あり>

「カビ?」13年間使用の豊胸バッグを除去した女性、中の浮遊物に愕然(米)<動画あり>

  • Techinsight
  • 更新日:2022/05/14
No image

アメリカ形成外科学会の2020年の報告によると、豊胸手術は2006年以降トップ5に入るほど人気の美容整形という。ところがアメリカに住む女性が13年間使用した豊胸バッグを除去したところ、バッグ内にカビのような浮遊物があることに気づいて愕然としたそうだ。『New York Post』『The Mirror』などが伝えている。

インフルエンサーとして活動するアメリカ在住のバニー・デフォードさん(Bunnie DeFord)が今月8日、TikTokに投稿した動画が波紋を呼んでいる。バニーさんは2007年に豊胸手術を受け、両胸に生理食塩水の豊胸バッグを埋入した。

動画ではバニーさんが13年間使用したのち2020年に除去した豊胸バッグが映っているが、黒いカビのような汚れがあり、中の生理食塩水には白い浮遊物がいくつも浮いていた。バニーさんは豊胸バッグを見せながら次のように語っている。

「13年間、胸にインプラント(バッグ)を入れていたんだけど、その間は医師もきちんと説明ができないような数々の体調不良に悩まされてきて。それで2020年11月に除去したの。それがこれなんだけど、見てよこれ! これが体の中に入ってたのよ。見てよ、このカビ! 多くの女性がこれで合併症に悩まされるのも無理ないわ。気持ち悪いったらない。」

バニーさんは豊胸手術を受けてから原因不明の体調不良に悩まされていたようで、苦渋の決断の末に13年間使用した豊胸バッグを除去したという。すると時々不安な気持ちに襲われる以外は、全ての症状が治ったそうだ。またバニーさんは動画の中で「豊胸バッグを除去した後は、自分の本来の胸に誇りを持っている」とも述べている。動画は380万回以上も視聴され、このような声が届いた。

「私の祖母も豊胸バッグを除去したら、以前の100倍も元気になったわ。」
「こうなった過程について教えてもらえますか? 私は20歳の時にバッグを入れましたが30歳になった今、除去を考えているんです。でも手術が怖い。」
「私の友人もその(豊胸バッグの)せいで様々な症状が出てきたため除去しました。彼女は『豊胸手術なんかしなきゃよかった』と話しています。」

さらに「市場ある中で最も安価な生理食塩水バッグを使用したのかも。高品質のシリコンはバッグからの漏れもないしカビも発生せず安全よ」という意見も寄せられていた。

バニーさんは今回の動画で、ユーザーに向けて「豊胸バッグによって病気が引き起こされていると感じたら、誰かに相談するように」と訴えている。

画像は『Bunnie Xo 2022年3月23日付TikTok「Reply to @princessgabbs39828 #WomenOwnedBusiness」、2022年5月8日付TikTok「#SearchForWonderMom #bunniexo #explant」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加