旬の「秋冬にんじん」出荷最盛期に 石川県小松市 台風の影響受けるも品質は上々

旬の「秋冬にんじん」出荷最盛期に 石川県小松市 台風の影響受けるも品質は上々

  • テレビ金沢NEWS
  • 更新日:2022/12/04
No image

旬の時期を迎えている「秋冬にんじん」の出荷が、石川県内最大の生産地、小松市で最盛期を迎えている。9月の台風の影響で出荷量は昨シーズンに比べて50トンほど減る見込みだが、適切な管理により品質は上々だという。出荷は年内いっぱい続く予定。

旬の時期を迎えている「秋冬にんじん」の出荷が、県内最大の生産地である小松市で最盛期を迎えている。

小松市では11月13日から「秋冬にんじん」の出荷が始まっていて、25日は「アロマレッド」という甘みが強く臭みが少ない品種およそ5トンが集出荷場に持ち込まれた。

今シーズンは9月の台風の影響で、出荷量は、昨シーズンに比べて50トンほど減る見込みだが、適切な管理により品質は上々だという。

JA小松市ニンジン部会 松本幸雄部会長「糖度、香りそういう部分でいいものができている」「生で食べられててもジュースもしくは熱を加えることによって糖度の高いニンジンを食べることができると思う」

秋冬にんじんの出荷は、年内いっぱい続く予定。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加