1月15日の注目映画第1位は『天外者(てんがらもん)』

1月15日の注目映画第1位は『天外者(てんがらもん)』

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2021/01/15
No image

『天外者(てんがらもん)』(C) 2020 「五代友厚」製作委員会

1月15日に映画サイト「シネマトゥデイ」でアクセスの多かった注目映画ベスト10です。

第1位『天外者(てんがらもん)』(2020年12月11日公開)

(C) 2020 「五代友厚」製作委員会

「天外者(すさまじい才能の持ち主)」と呼ばれた実業家・五代友厚の生きざまを描く歴史青春群像劇。薩摩藩士の彼が日本の未来を見据え、志を共にする若者たちと新たな時代を切り開く。主人公の五代を『アイネクライネナハトムジーク』などの三浦春馬が演じ、『ひるなかの流星』などの三浦翔平、歌手、俳優など多彩に活動する西川貴教のほか、森永悠希、森川葵、蓮佛美沙子、生瀬勝久らが共演。『利休にたずねよ』『海難1890』などの田中光敏監督と脚本の小松江里子が再び組んだ。

第2位『タイトル、拒絶』(2020年11月13日公開)

No image

(C) DirectorsBox

『今夜新宿で、彼女は、』などの山田佳奈が2013年に上演した舞台劇を、自身で監督を務めて映画化したヒューマンドラマ。セックスワーカーとして生きる女性たちの姿を描く。『獣道』などの伊藤沙莉、ドラマ「100文字アイデアをドラマにした!」などの恒松祐里、『ヒメアノ~ル』などの佐津川愛美のほか、片岡礼子、でんでん、森田想、円井わん、行平あい佳、野崎智子らが出演する。

第3位『銀魂 THE FINAL』(1月8日公開)

No image

(C) 空知英秋/劇場版銀魂製作委員会

空知英秋のコミックを原作にしたアニメの劇場版シリーズ第3弾。地球滅亡が迫ろうとする中、坂田銀時が不老不死の異形の者と激しい戦いを繰り広げる。監督の宮脇千鶴、ボイスキャストに坂田銀時役の杉田智和、志村新八役の阪口大助、神楽役の釘宮理恵ら、アニメ版、劇場版のスタッフ、声優陣が結集している。

第4位『シン・エヴァンゲリオン劇場版』(公開)

No image

(C) カラー

1990年代に社会現象を巻き起こしたアニメシリーズで、2007年からは『新劇場版』シリーズとして再始動した4部作の最終作となるアニメーション。汎用型ヒト型決戦兵器 人造人間エヴァンゲリオンに搭乗した碇シンジや綾波レイ、式波・アスカ・ラングレー、真希波・マリ・イラストリアスたちが謎の敵「使徒」と戦う姿が描かれる。総監督は、本シリーズのほか『シン・ゴジラ』なども手掛けてきた庵野秀明。

第5位『おとなの事情 スマホをのぞいたら』(1月8日公開)

No image

(C) 2020 Sony Pictures Entertainment (Japan) Inc. All rights reserved.

スマートフォンの履歴をめぐり大騒動が巻き起こるイタリアのブラックコメディー『おとなの事情』を日本版にアレンジ。久々に集まった男女7人が互いのスマートフォンを見せ合うゲームを始めたことから、それぞれの秘密やうそが暴かれる。『小川の辺』などの東山紀之が主演を務め、『だれかの木琴』などの常盤貴子、『脇役物語』などの益岡徹のほか、田口浩正、木南晴夏、淵上泰史、鈴木保奈美らが出演。『世界から猫が消えたなら』などの岡田惠和が脚本、『ヒーローインタビュー』などの光野道夫が監督を務めた。

第6位『アンチ・ライフ』(1月15日公開)

No image

(C) 2020 Anti-Life LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

『デス・ウィッシュ』などのブルース・ウィリスらが出演したSFアクションスリラー。地球から新天地に向かう宇宙船で、船内に侵入した謎の生命体と元兵士らが死闘を繰り広げる。メガホンを取るのは『ザ・スクリブラー』などのジョン・スーツ。ドラマ「デイブレイク ~世界が終わったその先で~」などのコディ・カースリー、『PANDEMIC パンデミック』などのレイチェル・ニコルズ、『1922』などのトーマス・ジェーンらが共演する。

第7位『ばるぼら』(2020年11月20日公開)

No image

(C) 2019『ばるぼら』製作委員会

1973年から1974年に「ビッグコミック」で連載された手塚治虫の異色作を実写化したドラマ。謎めいた少女と暮らす小説家の行く末を描く。メガホンを取るのは、手塚治虫の息子で『星くず兄弟の新たな伝説』などの手塚眞。『半世界』などの稲垣吾郎と『生理ちゃん』などの二階堂ふみが主演を務め、『柴公園』シリーズなどの渋川清彦、『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』などの石橋静河らが共演する。撮影は、ウォン・カーウァイ監督作などで知られるクリストファー・ドイル。

第8位『花束みたいな恋をした』(1月29日公開)

No image

(C) 2021『花束みたいな恋をした』製作委員会

『コーヒーが冷めないうちに』などの有村架純と『帝一の國』などの菅田将暉を主演に迎えた恋愛物語。東京・井の頭線の明大前駅で終電を逃してたまたま出会った男女と、全ての事柄が絡み合いながらリンクしていく様子を描写する。有村が主演を務めた『映画 ビリギャル』などの土井裕泰が監督を務め、ドラマ「東京ラブストーリー」「カルテット」などの脚本家・坂元裕二が脚本を書き下ろした。

第9位『ズーム/見えない参加者』(1月15日公開)

No image

(C) Shadowhouse Films and Boo-Urns 2020

新型コロナウイルスの影響によりロックダウン中のイギリスを舞台に、全編がウェブ会議ツール「Zoom」で撮影されたホラー。Zoomを介して集まった友人同士が交霊会をしていると、それぞれの部屋で怪現象が起こり始める。監督は『ストリングス(原題)』が英国インディペンデント映画賞レインダンス賞を受賞したロブ・サヴェッジ。出演はヘイリー・ビショップ、ジェマ・ムーア、エマ・ルイーズ・ウェッブなど。

第10位『魔進戦隊キラメイジャー THE MOVIE(仮)』(2月20日公開)

No image

スーパーヒーロープロジェクト (C) テレビ朝日・東映AG・東映

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加