高岡早紀 自称28歳役の映画でワイヤーアクション「気持ち良く飛ばせていただいた」

高岡早紀 自称28歳役の映画でワイヤーアクション「気持ち良く飛ばせていただいた」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/06/12
No image

主演映画をPRした高岡早紀=大阪市内

女優の高岡早紀(48)が11日、大阪市内で行われた主演映画「リカ~自称28歳の純愛モンスター~」(18日公開)の取材会に参加した。2019、21年に放送されたフジテレビ系ドラマの映画化作品。高岡は、愛する人を手に入れるためなら手段を選ばない、経歴・年齢・住所すべてが偽りの女性・リカを演じる。

ドラマのリカから「愛する人を求めて飛ぶ」までパワーアップ。ワイヤーアクションに挑戦した高岡は「究極の愛を突き詰めて飛ぶことができるリカは笑えるくらいステキ」といい、5~6メートルほど飛び上がったという撮影は「楽しかった。いいお天気で風も少なくてワイヤーアクション日和で楽しく、気持ち良く飛ばせていただいた」と振り返った。

自身の28歳時は二男を出産したころで、現在の方が細身という高岡は「ストイックな役なので、太ったリカは嫌」とキッパリ。体形維持については「理想をイメージすることが大事」とした。ジムなどは不向きでやめたといい、合計体重60キロという2匹の大型犬(ダルメシアン)との散歩が体幹トレーニングになっていると笑った。

また、愛ゆえにやり過ぎることを聞かれると、「子どもは本当に心配」と回答。「出るまで電話してしまうけど、やりすぎは危ない」と自身の“リカ度”を注意していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加