Travis Japan、ファン熱望で「RIDE ON TIME」特集第2弾決定 メンバーの内なる思い明らかに

Travis Japan、ファン熱望で「RIDE ON TIME」特集第2弾決定 メンバーの内なる思い明らかに

  • モデルプレス
  • 更新日:2021/01/13

【モデルプレス=2021/01/13】フジテレビ『連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME』(24時55分~25時25分 ※関東ローカル)の1月22日放送回からは、2019年の放送でダンスにかける真摯な姿勢が大きな反響を呼んだジャニーズJr.の7人組グループ・Travis Japanを特集。前回の放送直後から、続編を求める視聴者の要望が数多く届き、Travis Japan特集の第2弾が決定した。

No image

(写真 : Travis Japan(C)フジテレビ)

【写真】「8時だJ」後継番組「調べるJ」でSixTONES、Snow Man、Travis Japan、HiHi Jets、美 少年集結 メドレーパフォーマンスも披露

◆Travis Japan、メンバーの内なる思い明らかに

Travis Japanは、2012年、マイケル・ジャクソンをはじめ様々なアーティストの振付やショーの演出を手掛けてきたトラヴィス・ペイン氏がジャニー喜多川氏と共に、ダンスに秀でたメンバーを選抜し結成したグループだ。彼らは、個々に高いパフォーマンス力を持ちながらも、7人全員で魅せるシンクロダンスを武器とする。そんな彼らの身体能力を最大限に生かす舞台の稽古が昨年春から始まった。

7人が忍者を演じる『虎者-NINJAPAN-』は2019年、初のグループ主演舞台として上演され、全34公演のチケットは発売とともに即完売となった。この舞台はダンスを主軸として殺陣、イリュージョン、タップダンス、アクションといったパフォーマンスが織りなす、日本の美を凝縮させたスーパーエンターテインメントだ。

その再演『虎者 NINJAPAN 2020』は、内容のみならず公演会場もスケールアップし、伝統の舞台、新橋演舞場で行われることになった。稽古場では初演よりも大きな責任を背負い、さらなる集中力と結束力で稽古に励む7人の姿があった。

今回の特集では5カ月の密着を通してメンバーの内に秘めた思いも明らかになる。結成から9年、ダンスで道を開く7人はどんな思いでその歴史をたどったのか。グループの危機と結束、挫折と覚悟、そして7つの個性が共に目指す未来とは。「Travis Japan~ダンス・共鳴する7つの個性~」は、1月22日より4週に渡ってお送りする。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加