今季好調だったドジャース・カーショー、骨盤の関節炎でIL入り

今季好調だったドジャース・カーショー、骨盤の関節炎でIL入り

  • 日刊スポーツ(野球)
  • 更新日:2022/05/14
No image

ドジャースのクレイトン・カーショー(2017年10月29日撮影)

ドジャースのベテラン左腕クレイトン・カーショー投手(34)が、骨盤の関節炎のため10日間の負傷者リスト(IL)入りした。

サイ・ヤング賞3回の実績を持つカーショーはここ数年こそ故障に悩まされていたが、1年1700万ドル(約22億1000万円)で再契約して臨んだ今季はここまでローテーションを守って5試合に先発。4勝0敗、防御率1・80と好調だった。

なおカーショーが先発予定だった13日のフィリーズ戦は、ウォーカー・ビューラー投手が1日前倒しで先発。またドジャースは3Aからギャレット・クレビンジャー投手を昇格させている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加