アイ・オー・データ機器、容量が最大1TBのUSBメモリ「U3-LCシリーズ」を発売

アイ・オー・データ機器、容量が最大1TBのUSBメモリ「U3-LCシリーズ」を発売

  • MdN
  • 更新日:2020/09/16
No image

「U3-LCシリーズ」

株式会社アイ・オー・データ機器は、USBメモリの新製品として、2020年10月上旬に「U3-LCシリーズ」を発売する。製品ラインナップには、容量1TB/512GB/256GBのモデルを用意。USB 3.0(USB 3.2 Gen1)接続に対応している。価格はオープン。

本シリーズは、大容量モデルが用意されていることが魅力のUSBメモリだ。あくまでも1つの目安ではあるが、1TBモデルであれば、フルHD動画で約77時間20分、4K動画で約36時間、11,200,000画素の写真で約52,000枚、24,000,000画素の写真で約40,000枚を保存できる。

また、高性能コントローラーを採用することによって、最大約400MB/sの読み込み速度と最大約350MB/sの書き込み速度が実現された(理論値)。従来のハイスピードモデルと比較しても、大容量ファイルのデータ転送に活用しやすくなっている。

本製品の購入者は、ファイル暗号化ソフト「QuickSecure AES256」のダウンロードも可能。ソフト内の「QuickSecure Erase」を使うことで、ファイル復旧ソフトでも復元が不可能な方法でファイルを削除できるため、不正な利用目的で復元される心配がなくなる。本体サイズは約22(幅)×8(高さ)×80(奥行)mmで、重量は約12g。

株式会社アイ・オー・データ機器
価格:オープン
URL:https://www.iodata.jp/
2020/09/16

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加