阪神が被弾と守備の乱れで逆転を許す 五回に3失点

阪神が被弾と守備の乱れで逆転を許す 五回に3失点

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/05/04

(セ・リーグ、ヤクルト-阪神、6回戦、4日、神宮)阪神が2-1の五回に3点を失い、逆転を許した。西勇が先頭の西浦に同点のソロを浴びると、続く田口に遊撃への内野安打、山崎に投前犠打で1死二塁とされた。

続く中村の三塁への打球で、二走の田口が飛び出した。大山が三塁のベースカバーに向かっていた遊撃の中野へ送球したが、これが悪送球となり勝ち越しを許した。さらに、山田に左翼線への適時二塁打を許して、2-4とされた。

No image

5回裏、中村のゴロをサードの大山が三塁へ悪送球、2走の田口が本塁生還=神宮球場(撮影・今野顕)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加