アート制作がリハビリに! 介護施設の利用者が手掛けた作品展が静岡県浜松市の遠鉄百貨店開催中

アート制作がリハビリに! 介護施設の利用者が手掛けた作品展が静岡県浜松市の遠鉄百貨店開催中

  • 静岡第一テレビ
  • 更新日:2021/11/25
No image

介護施設の利用者が手掛けた作品展「アートdeリハビリ2021」が静岡県浜松市の遠鉄百貨店で始まった。石垣内科医院が開いたもので、約200人の介護施設利用者がリハビリを兼ねて作った作品約600点が展示されている。作品展は11月29日まで。

介護施設の利用者が手掛けた作品展「アートdeリハビリ2021」が静岡県浜松市の遠鉄百貨店で始まった。

石垣内科医院が2年に1度開いている作品展「アートdeリハビリ2021」は、約200人の介護施設の利用者がリハビリを兼ねて作ったもの。今年は祭りがテーマで、ちぎり絵や陶芸など約600点が展示されている。訪れた人たちは風情溢れる作品に見入っていた。この作品展は11月29日まで静岡県浜松市の遠鉄百貨店で開かれている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加