井上小百合、乃木坂46時代の葛藤告白 山崎怜奈と語った“5期生オーディション”への思いが「感動した」と話題

井上小百合、乃木坂46時代の葛藤告白 山崎怜奈と語った“5期生オーディション”への思いが「感動した」と話題

  • モデルプレス
  • 更新日:2021/07/21

【モデルプレス=2021/07/20】女優の井上小百合が20日、乃木坂46山崎怜奈がパーソナリティを務めるラジオ番組「山崎怜奈の誰かに話したかったこと。」(TOKYO FM/月曜~木曜13時~)に出演。乃木坂465期生オーディションへの思いを語った。

No image

(写真 : 山崎怜奈、井上小百合(C)モデルプレス)

【写真】山崎怜奈の見つめる姿にドキッ 透明感溢れるソロショット公開

◆乃木坂46山崎怜奈&井上小百合、5期生オーディションについての思い語る

この日、元乃木坂46のメンバーであり、11年来の旧友でもある井上とトークを広げた山崎。

グループ時代に経験した人生初舞台の話になると、井上は「すごく嬉しかったのと、反面、メンバー同士で出た舞台だったから、メンバー同士で競わなきゃいけないところがあって…私はずっと舞台に出ることが憧れだったのに、ようやく立てた舞台でどうしてみんなの悲しい顔を見なくちゃいけないんだろう。誰かを落としたりとか、誰かの上に上がったりとか、そういうこと考えなきゃいけないんだろう。私の好きだった舞台はちょっと苦しいものだったんじゃないか」と、最初は舞台を楽しみきれなかったことを告白。

しかし、それでも舞台に対して前向きに取り組んだ井上には、さらなる舞台のオファーがきたという。オファーをした人は井上の熱心な姿を見てくれていたといい、「やっていれば誰かが見ていてくれる」と実感したことを明かした。

井上の話を聞いた山崎は、現在開催されている「乃木坂465期生オーディション」について触れ、「どこに行こうが行かまいが、何をするかは自分次第ですよね。お互いのことを見ててすごく思います。どこ行くかじゃないですよね。何をするかですよね」と言及。

井上も「自分がこれだ!とか好きだ!と思うものをちゃんと大事にするのが1番かもしれない」と共感し、山崎も「何を言われようと、それでついてきてくださる方に最大の敬意を込めて、頑張っていきましょう」と呼びかけた。

◆山崎怜奈と井上小百合のトークに「感動した」の声

今回の放送を受け、ファンからは「2人の貴重な話が聞けて感動した」「これからオーディションを受ける子にも聴いて欲しい」「さゆれなコンビ最高すぎる」など多くの声が寄せられた。(modelpress編集部)

情報:TOKYO FM

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加