仏で発見の「大量の」考古遺物、モロッコに返還 計3トン

仏で発見の「大量の」考古遺物、モロッコに返還 計3トン

  • AFPBB News
  • 更新日:2020/10/16

仏マルセイユの欧州・地中海文明博物館で、モロッコに返還されたワニの頭部の化石(2020年10月15日撮影)。

【AFP=時事】フランスの税関当局は15日、マルセイユの欧州・地中海文明博物館で考古遺物2万5500点をモロッコに返還した。 遺物は2005年と2006年、マルセイユとペルピニャンでモロッコ人が運転する高級車の中で発見、押収された。化石や刻印プレート、矢じりなど計3トンにのぼる「記録的な

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加